ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

キットカットショコラトリー@名古屋松坂屋へ行ってきた。

スポンサーリンク

昨日(10月29日)開店したばかりのキットカットショコラトリーへ行ってきました。
何ですか、この行列。。。
松坂屋へ10時20分に到着したのですが、平日だというのにこんな感じ。
列の整理してる方いわく、
「最大で2時間ほどお待ちいただくことになるかと」
だそうです(゚Д゚)

↓列の途中です。
実際の最後尾は、一番端のカレー屋の所からのスタート。。。

f:id:brulee74:20150208210618j:plain


↓午前11時半での販売状況。
けっこうなくなりそうなものが多い。。。

f:id:brulee74:20150208210653j:plain


11時40分、レジの前に到着。
「残りわずかです」と記載されてる商品も何とかゲット(・∀・)
ただ、見た感じ3~40本しか残っていなかったので、もうちょっと後に並んでたら危なかったかもしれません。

家に帰って実食。
さて、1時間20分待っただけの価値はあったでしょうか?

f:id:brulee74:20150208210735j:plain

↑左上の白いの:クリームチーズ味
 右上の緑色の:抹茶&きなこ味
 左中央のピンク:ストロベリーメープル味
 右中央の茶色の:ジンジャー味
 左下の細い箱:サブリム ビター
 右下の細い箱:サブリム ラズベリー

の6種です。

f:id:brulee74:20150208210806j:plain

まず、サブリム2種ですが……にがい。

「カカオ66%のクーベルチュール・ビター」を使用してるので当然ではあるのでしょうが。
封を開けると漂ってくるカカオの香りと、渋みの効いたチョコレート。
上品に作られているのは分かるのですが、お子様舌の自分にはちょっとつらい(´・ω・`)

正直思ってたのと違うけど、レビュー続けます(・_・、)


ストロベリーメープル味。
むう。メープルとイチゴが合ってないような。
酸味と瑞々しい果実感があるイチゴチョコが好きだから、というのもあるのですが。
ホワイトチョコとメープルが合体して、イチゴの良さをつぶしてる気がします。


クリームチーズ味。
袋を開けた瞬間、漂うチーズ臭。
ホワイトチョコの甘さとチーズのコクが混じって、とってもこってり。
3時のおやつではない、まさに大人の味わい。
渋めの赤ワインと合いそう。

抹茶&きなこ味。
……おいしい。
京都限定味(?)で抹茶が出てたと思うのですが、それより抹茶の風味が強くていい感じです。
きなこの香ばしさとキットカットのウエハース部分がよく合ってます。

そして、ジンジャー味。

これはおいしい。

口に入れると広がる、ショウガのまろやかな甘味。
後から広がってくる、ぴりっと舌を刺激する辛味。
どこか懐かしさを感じさせるような不思議なお菓子です。

ただ、1時間並んでまでのものじゃないなーとは思いました。
某ポップコーン店のように、1ヶ月くらいして人気が落ち着いたら買いに行こうかな(`・ω・´)