ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

天空の城とフォトジェニックな動物達~スリランカ旅行5日目~

スポンサーリンク

あっという間にスリランカ最終日。
よく晴れた日差しの下、世界遺産・シギリア城へ向かいます。

f:id:brulee74:20150209235229j:plain


石の階段の為、雨が降るととっても危険。
昨日までの、降ったり止んだりを繰り返していた天気では難しいといわれていたのですが。
日頃の行いがいいのか(?)見事に晴れました。

 

f:id:brulee74:20150209235318j:plain

 

いろいろなサル達。

カメラ慣れしているのか、バズーカのような一眼レフ持った人が近付いてもビクともしません。

f:id:brulee74:20150209235344j:plain


カメラ目線で食べ物をねだる犬。

f:id:brulee74:20150209235500j:plain

 

動物の撮影も終わり、いざ階段登りへ。

f:id:brulee74:20150209235254j:plain


見ての通り険しい勾配。
体力のない方のため、手や腰を持ってフォローしてくれる人がいる(有料。2000ルピー=1800円くらい)のですが‥‥‥客引きがしつこい。

ていうか、ウザイ。

人に触られるのが嫌いなので、
「私は元気だ」「1人で登れる」「触らないでくれ」
と英語で伝えてるのに、隙あらばって感じで手伝ってくる(><)

ホットパンツ姿の白人女子に混じって、さっさと上に行きたかったのですが‥‥‥団体行動中の自分。
ペースを上げる事もできず、向こうが諦めるまでひたすら断りの文句を紡ぐのでした(´Д`)

f:id:brulee74:20150209235953j:plain



崖にへばりつくようにして作られた階段。
強度については‥‥‥あまり考えないようにしましょう。


恐ろしい階段の先にあるのは、極彩色の壁画。
裸で宝石を纏っているのはお妃(ハレムの女?)、服を着ているのは使用人だそう。

更に階段は続きます。

f:id:brulee74:20150210000029j:plain


1202段の先にあった絶景。

f:id:brulee74:20150210000110j:plain


気分イイ(・∀・)ですね。

f:id:brulee74:20150210000129j:plain


こんな所にもカップルの自己主張が。
名前の感じからすると、中国系の人みたいです。

f:id:brulee74:20150210000147j:plain


こけたりする人もなく、無事に下山完了。
一路、コロンボ空港へと向かうのでした(`・ω・´)