ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

まだ間に合う♪ウイスキーと合う生チョコを作ろう。

スポンサーリンク

もうすぐバレンタインです。
マッサンの影響か、最近ウイスキーを飲み出した彼氏の為にウイスキー入りの生チョコでも渡そうかなーと高島屋へ行ったら、目当ての物は売り切れ。

ないのなら 作ってしまおう チョコレート
~ポニョ蔵 心の俳句~

という訳で、ミッドランドの富澤商店で材料を買ってきました。

f:id:brulee74:20150210193409j:plain

ホワイト/ミルク/ビターの3種。
どれが一番ウイスキーに合うか試してみることにします。

使用するウイスキーは宮城峡。
野に咲く花をブーケにしたような、繊細さの中に混じる野性味があるお酒。
樽の渋味やピート香は薄いのでウイスキー初心者にも飲みやすい造りです。

f:id:brulee74:20150210194042j:plain

材料

チョコレート:100g
生クリーム:50g
ウイスキー:大さじ3杯。

作り方

鍋にお湯を沸かし、ぴったり合うボールを上に載せてチョコを湯煎する。
溶けたらボールを下ろし、生クリームとウイスキーを入れて混ぜる。
よく混ざったらタッパーに入れて冷やす。
→できあがり。

↓分量の参考にしたブログ※作り方は異なってます※
ちなみに変えた理由としては、この方が楽だからです。
生クリームが焦げ付き/膜が張ってしまう可能性がなくなるのが一つ。
また、チョコが周囲にくっつかないので後片付けも簡単です。

できたものがこちら。

f:id:brulee74:20150210194911j:plain

左からビター/ミルク/ホワイト。
チョコレートの風味を楽しむ為に、あえてココアなし・スプーンでいただく事にします。
……決して切ったりするのがめんどかった訳じゃないですよ。

  • ビターチョコ。

むう。チョコ自体の酸味と宮城峡がぶつかっています。
苦さの中にウイスキーの甘味が混じって、生チョコとしてはおいしいのですが……酸味のないタイプのチョコレート使えばよかったかな。

  • ミルクチョコ

イイです。
試食がてら彼氏と2人で食べていたのですが、自然と顔が(・∀・)になってしまいました。
チョコレートと生クリームとウイスキー、全てが調和しています。

  • ホワイトチョコ

………ひたすら甘い。というかくどい。
ホワイトチョコと生クリーム。
乳製品の割合高すぎて、ウイスキーの香りも何もありません。
ホワイトチョコ1:ビターチョコ2で混ぜて、ようやく食べきりました。

まとめのようなもの

ウイスキーを入れる際は酸味の少ないチョコを使った方がいいです。
ビター/ミルクはお好みで。

ビター→ウイスキーの香りやスモーキーさが引き立つ。大人な感じ。
ミルク→チョコの甘さが引き立つ。まったりと味わえる。
ホワイト→おすすめしません(´・ω・`)

では、今日はこのあたりで。