読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

名古屋を代表する(?)レストラン~喫茶マウンテンに行ってきた~

スポンサーリンク

喫茶マウンテン、それは『小倉抹茶スパ』『イチゴスパ』といった超独創的なメニューで知られる喫茶店。

入店は『登山』、完食は『登頂』、料理の味にリタイアする事を『遭難』と用語ができるほど、危険で難易度の高いお店です。
日本百名山には入っていない『名古屋の霊峰』へ、久しぶりに登ってみました。


f:id:brulee74:20150411205617j:plain

山に登るということ。


地下鉄八事日赤駅から約10分。
隣の保育園から聞こえる子供達の声に包まれて、マウンテンは静かに佇んでいました。
まるで普通の喫茶店のように。

ガイドブックではなぜか『名古屋メシ』として紹介されるこのお店。
土日になると観光(?)客でいっぱいのようですが……今日は平日。
コーヒー飲んでるサラリーマンと、とにかく質より量を求める学生がいるだけですね。

そう。
この店で完食する障害は、料理の味だけじゃない。
一つ一つの量が多いのが一番のヤマなんです。山だけに。


f:id:brulee74:20150411210023j:plain


『え、オレが食べるんですか~?』
店の奥からは悲鳴にも似た会話。
『マジですか?勘弁して下さいよ~。』
『ガンバレ~。』
助けを求める若い男と、気のない応援する複数の声。

おお……。
わかるぞ、私には分かるぞ……。
キャンパスライフをはじめたN大の新入生が、騙されるようにして連れてこられたのが手に取るように分かるぞ……。

やり口は極めて単純。
サークル見学に来た新人ちゃんに
『お腹すいたでしょー?今からメシ行くんだけど、一緒に来ない?おごるよー?』
と、気前いい先輩ぶって連れてくるだけ。

……学生生活の風物詩。
春が来るたび私も、食ったり食わせたり喰らわせたりしていました。

懐かしい。全てが懐かしい。
感傷に浸っている私の元へ、今日の昼ご飯が到着しました。


https://instagram.com/p/1SGYqOjWAC/
喫茶マウンテンにて。


『お嬢娘』と『ブランデーレモン』。
しめて1400円なり。
Twitterで画像が流れてきてから、気になって仕方なかったんですよね。

読み方は『おじょうさま』。
オッサンが頼んでもお婆さんが頼んでも、筋骨隆々のマッチョが頼んでも、提供の際の言葉は『おじょうさま、お待たせしました』。

ポニョ、山を登頂す。


イチゴが乗った三段重ねのホットケーキの中に、たっぷりのアイスとホイップクリーム。そして一口大のケーキが何個も!
さすが喫茶マウンテン。
デザートメニューもボリュームが違いますね。


f:id:brulee74:20150411215214j:plain
写真:マウンテンの公式Twitter。
喫茶マウンテン (@kissa_mountain) | Twitter




甘口イチゴスパとは違って、普通に冷たいイチゴ。
特にヤバいブツも練り込まれていない、シンプルなホットケーキ。
ティラミス風味のケーキとバニラアイス。

全て一般的な材料で形成されているのに、どうしてこんなに完食するのがつらいのでしょう?

食べれども、食べれども、わが皿は空になりぬ。
じっと手を見る。


誰とも辛さを分かち合ないままひたすらスプーンを口に運ぶ。
青春を満喫している学生達に混じって一人食事するのが、こんなにつらいなんて思いもしなかったのでした。


f:id:brulee74:20150411215935j:plain

それでも山へ登るあなたへ。


ハンパなく量がある為、一人で完食=単独登頂はまず難しいです。

  • ヤバいメニューと普通の料理をバランスよく頼む。
  • メニューは2~3人前と心得る。
  • 諦める勇気。

これらを頭に入れて向かって下さい。
以上、胃もたれして苦しんだポニョのレポートでした。

●Twitterと食べログ●


口コミや感想を見ているだけで面白いです。
衝撃的な料理の数々をどう表現するか、皆さんの語彙とセンスがすごい。
『幸せな家庭は一つだが、不幸な家庭は星の数ほどある』ついこの言葉を思い出してしまいました。