ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

石垣島・ダイビングフェスタに行ってきた。

スポンサーリンク

どうも、日常に帰ってきたポニョです。
酒と海に溺れた日々から、義務と責任を果たすルーティンワークへ。
記憶が薄れていかないうちに、南国の太陽と青く澄み渡った海について記していきますね。

公式サイトにも載ってない?ナゾのお祭り。


4月のダイビングのイベントでもらったパンフレットによると、フォトコンあり・ANAインターコンチネンタルでのパーティーありとなかなか豪華なイベントである石垣島ダイビングフェスタ。
しかし、5月になっても6月になっても、詳しい開催地やフォトコンの募集要項が分からない状態。

開催者である八重山ダイビング協会のHPにはPDFが一枚載っているだけ。
『詳しくは各ダイビングショップのHPにて』と言われましても、自分の使うショップには何も記載されてないんですけどー。

なじみのショップは予約打ち切り、いつも使うホテルは満室、気になっていたお店も定員オーバーと、フェスに合わせてダイバーが集まっている感じではあるのですが......なんでしょうか、この情報のなさは。


情報はこれ一枚だけ(´・ω・`)なんです。



レンタルのカメラで3ダイブ。
『ロクなものが撮れなかった』と内心毒づきながら、それでもフォトコンに出す私。
ショップから直接事務局へデータを送るスタイルのため、応募する画像とタイトルを告げて翌日の発表に備えます。

ちなみにこのフォトコン、提出できるのは6月11と12日の2日間で撮ったものだけ。
出品基準が厳しい分、コンデジで撮影しても十分上位狙える&豪華賞品ゲットだぜ♡と思ったんですけどね-。
肝心のカメラ壊していたら無理ですよね-。


飲んで、しゃべって、また飲んで。


パーティー当日。
いつものショップでダイブして、ログ付けして、ホテルに荷物おいて......とやっていたら思いっ切り遅刻。
すでに食事は食い尽くされてたので、空きっ腹の身体に泡盛流し込みながらダラダラおしゃべりします。


TG-4をかけたジャンケン大会があったり。


オリンパスの部長さんがテーブルに来たので、『修理代まけて』『OMD-E M1の後継機はいつ出るの?』と答えられなさそうな質問していたら、表彰式がはじまりました。
※OMD-E M1:オリンパスのミラーレス一眼。今一番ほしいもの。※



戦利品がこちら。



タイトル名ないし、何の写真で賞取ったのか分からない状態。
マジでてーげーだなあ(´・ω・`)


感想+α。


ダイビング協会主催となっていますが、かなりこじんまりとしたフェスでした。
市街地のショップをメインに、10〜15軒ほどのお店が行っている感じ。
協会加盟店が80?90?ほどある事を考えると、クローズドなイベントであるのが分かりますね。

全店で参加するようなものじゃないから『詳細はお使いのダイビングショップへ』となってたんですねー。
告知の薄さも分かりますわ-。

もともとなじみになってるショップがある人が『偶然』行くものであって、わざわざそれに合わせて予定立てるイベントではない。
ここにいない常連さんの話、お店のFacebookページの話、独立したスタッフの近況......全く蚊帳の外な話題を泡盛で流し込みながら、深く暗い石垣島の夜を眺めるのでした。



●追記●

離島でのバカンスを終えて陸へと帰った私。
海写真をアップしようと、データの入ったCD-Rを開き一人絶叫します。



まさか、フォトコンに出した写真のデータだけ(しかも他人のも一緒に!)渡されるとは。
自分の選んだのとは違う写真で応募されているし、ほんと、何だかなあという2日間でした(´・ω・`)