読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

これは子供向け映画ではない〜インサイドヘッド・ネタバレありの感想〜

スポンサーリンク

映画を見るに当たっての注意点を述べた記事に引き続き、今日はインサイドヘッドの感想(ネタバレ編)を記していきたいと思います。

子供向けのふりをした、大人の心をえぐってくる映画(´・ω・`)


ここは、少女ライリーの頭の中。
ヨロコビ・ムカムカ・イカリ・ビビリ・カナシミの5つの感情達が、その時々に応じて最適な行動をライリーに取らせるよう、力を合わせて働いていたのですが......カナシミのせいで大混乱に。

おまけにその時のトラブルで、ヨロコビとカナシミが感情の司令室からいなくなってしまった=『喜』と『哀』の感情が出せなくなってしまったライリーは、いったいどうなってしまうのでしょう?
そして、ヨロコビとカナシミは無事に司令室へ戻る事ができるのでしょうか?

ストーリーはこんな感じ。



『楽しかった事』や『勝利した記録』『達成感』といったの思い出の力を借りて『今』どう行動していくかを決めていくということは......もともと『できてない』人はどうするんだYO!
家族や友達など、適切アドバイスを受けれる相手がいなかったら無理ゲーって事かYO!
だから自分はブログのアクセスアップできないのかYO!

......最後は余談でしたね。



内容上、わかりやすい悪役とか素敵なロマンスとか、いわゆるディズニーっぽいものとは違った映画です。
ヨロコビはポジティブ過ぎてウザいし、カナシミはネガティブ過ぎてこれまたウザいし、出てくるのは感情移入を拒むようなキャラクターばかり。

特にカナシミはひどい。
口に出すのは後ろ向きな発言ばかり、触ると楽しかった『思い出』が悲しいモノに変化してしまう特殊技能持ちという事もあって、他の感情達からも距離を置かれている存在です。



しかし、それにしても。
能力のある者ゆえの傲慢さを持って『ライリーの幸せのために』と正しさを振りかざしてくるヨロコビと、それに応えようとする(しかしうまくいかない)カナシミの掛け合いは見ててつらいものがありました。
『おとなしい』『考えすぎ』『発想がおかしい』と、理想の子ども像-明るく元気で誰とでも仲良くなれる-からかけ離れていた身にはほんとつらい描写でした。

しかし、これはまだ序の口。
精神的ダメージを与えてくるシーンはまだまだ続きます。

ヨロコビとカナシミが大冒険をするハメになった原因の、ライリー・転校生デビュー失敗事件。
自己紹介がうまくできず、感情が混乱して泣き出してしまうライリー。
痛い。。。すごく痛い描写です。。。

他にも古い思い出を犠牲にして記憶の墓場から逃れるシーンなんて、涙なしでは見られません。
大切にしていた何かを捨てることで、新しい道が開かれる。
人生ってそんなもの、と言い切ってしまえばそれまでなのですが。
『ここまで生きてきた中でどれだけの思い出を無碍にし消し去ってきたのだろう?』考えただけで切なくなってきます。

ただハッピー♡なだけが『思い出』じゃない。
物事には多面性があるし、悲しみや怒りまじりでも『大切な思い出』となっていく......という結末といい、ほんと『子供向け』ぽくない内容。
暗いシーンも多いし、分かりやすいハッピーエンドを求めていくと肩すかしにあいますね。



いやー、ほんの2時間の間に何度精神攻撃を食らってしまったのでしょう?
本編前、ドリカムの歌に合わせて表情豊かなお子様達の映像が流れるところで1回。
ポジティブすぎるヨロコビとネガ過ぎなカナシミとのやりとりでまた1回。
感情のコントロールができなくなり、何をやってもうまくいかなくなったライリーの姿でさらに2・3回。

そして最大のダメージを与えられたのが、エンドロール後にあちこちから聞こえる『楽しかったねー♪』『わたしムカムカがすきー♪』という幼い声。
純粋に映画を楽しんでいたお子様達の無邪気な感想。

......ブログ用にレビューの構成を考えながら映画を見てる自分がとてもちっぽけでつまらない存在だと思えたのでした。


確かにムカムカはかわいい。クレバーだし好きなタイプのキャラ。

結論。


大人1人で見るにはいろんな意味でつらい映画でした。
これから見に行こうとする方は、夜の上映回にするなどして少しでも精神的ダメージを減らす方がよろしいかと思われます。



では、今日はこのあたりで。


●追記●



先日こんな事つぶやきましたけど、記事というより単なる悪口になっちゃった為1回寝かせます。
1晩おいて食べれそうな感じに手直しできたらアップしますし、そうでなかったら放かっておきますw
威勢のいい事言ってますが、炎上こわいんです(´・ω・`)
私が焼き魚になるところを見たかった方もいらっしゃるかもしれませんが、ご理解をお願いします(´・ω・`)