読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

まだ間に合う♡アドベンチャーワールドのナイトZOOに行ってきた。

旅行 旅行-関西
スポンサーリンク

どうも、カメラマン見習いのポニョです。
パンダちゃんに癒されたくて、ふらりとアドベンチャーワールドへ。
8月中は毎日ナイト営業をやっているという事で、ファミリーでいっぱいの中一人、朝から晩まで一日撮影に明け暮れていました。

今週のお題特別編「はてなブログ フォトコンテスト 2015夏」

撮影にはもってこい♡オリのない動物園。


他の動物園と明らかに違うのは、オリとかガラス越しにしか見れない動物が圧倒的に少ないこと。
『望遠レンズで遠くから撮影して、圧縮効果でオリをぼやかす』とか技法使わなくてもかわいい写真が撮れるのがうれしいですね。

ガラスの反射を気にする事なく、パンダちゃんを撮りまくれます(・∀・)



かわいいですねえ。
パンダが寝たら別の動物撮って、起きたと思われる頃にまたパンダ舎へ行って。
そうこうしている間に日も暮れたので、ナイトZOO1番のイベント・夜のイルカショーへと向かいました。


デートにぴったり(・∀・)幻想的なイルカショー。


平日だというのに8割ほど埋まった座席。
ペンライトをキラキラ光らせて、ショーを待つお子様たちがいっぱい。

ステージ中央の液晶画面にお客さんの顔を映していじることで、待ち時間を楽しく過ごしてもらおう......と工夫してる会場。
オバチャンの顔を出して『場内での美顔器の使用はお控えください』とテロップつけるなど、容赦ないイジリが関西ぽいですね。



スモークとライトを効果的に使ったロマンチックなイルカショー。
『LOVE』をテーマにしている、大人も楽しめるしっとりした内容のショーとなっています。



......たった一つ問題があるとすると......。
ジャンプするシーンが上手く撮れないという事でしょうか。

ISO5000に設定して、ノイズは気にせずなるべくシャッタースピードを高めるようにはしているのですが、とってもぶれます(´・ω・`)
もっとF値の高い明るいレンズだったらきれいに撮れるのかなあ。
思ったところでシャッターが切れない悲しみに悶えながら、華麗に宙を舞うイルカ達を眺めるのでした。


F2.8の明るい望遠レンズ。欲しいけど高いんですよね(´・ω・`)



ショーが終わり、急いで園内から脱出。
ナイトZOOが終わる時間になると白浜温泉方面へ行くバスは存在しないため、移動は自家用車かタクシーのみ。
運転手さんいわく。
『タクシー乗り場で2時間以上待つこともあるみたい』
だそうですので、車で来た方が無難かと思われます。


蒼いライトに照らされてジャンプするイルカの群れ。
人とイルカが一体となった演出。
そして花火を使った、派手派手なショーは一度は見てもらいたいもの。

関西からも東海圏からも遠く遠く離れた地にあるアドベンチャーワールドですが、それだけの価値あるイベントだと思いました。



旅の写真をまとめないといけないので、今日はこのあたりで。

〜小さい子も大きい子もかわいい(*´▽`*)パンダちゃん写真集につづく〜