読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

実は別物!ステラおばさんのクッキー@本家と森永コラボ版を食べ比べてみた。

スポンサーリンク

秋は食欲の秋。
ステラおばさんのクッキーが詰め放題をやっていたので、欲望のままに詰めまくってきました。



ついでなので、森永製菓とコラボしたクッキーとも食べ比べてみることに。
『はてな女子ステラおばさん部』の方々が美味しそうに記事あげてるの見てたら、自分も食べたくなったんですよねー。


みなさまの記事はこちらから。※飯テロ注意※


本家とは別物?森永コラボとの違いをさぐってみる。


まずは一枚あたりのお値段の違いから。

●本家●
100g438円(名古屋パルコ店)
1枚(大体18〜20g)あたり85円前後。

●森永コラボ●
5枚350円(某コンビニ)
1枚あたり70円。

森永版の方がちょっとお安め。一枚づつ包装されていますし、買いやすくていいですね(*´∀`*)

ちなみに今回は880円で詰め放題のプランを使ったので、22枚ゲット=1枚44円の計算です。
9・19・29日のみのサービスですが、ずいぶんお得ですねえ(*´∀`*)
※名古屋パルコ店の場合です。他店で行っているかは調べていません※

値段の計算も終わりましたし、1番の問題である味の検証に移りましょう。



左が森永版、右が本家ステラおばさんのクッキーです。
ごつめで固そうな森永と、つるんとした外観の本家。
結構見た目違いますねえ。

コラボ版と本家、お味はいかが?


ざっくりとした割れ具合の森永版とは異なり、みっちり生地が詰まった本家のクッキー。

......別物??

観察も終わったので試食へ移ります。


公平に判断を下すため、1口食べる→コーヒーで舌をリセット→もう一方のクッキーをかじる手順で挑みました。

●本家ステラおばさんのクッキー●
小麦粉と卵とバターで作った、シンプルなクッキーです。
カリッとした表面とはうらはらに、さっくりした食感が楽しめる生地ですね。
サイズもそれぞれ違って、手作りのクッキー!という気がします。


●森永版●
かじると感じられるしょっぱさ。
焦げ臭はないのに、どこか塩キャラメルのような風味が感じられます。
ざくざくした食感の食べ応えあるクッキーですね(*´∀`*)

見た目通り、かなり味のほうも分かれていました。
正直『ステラおばさんのクッキー』そのものとはいえませんが、塩気とチョコの甘味が効いて個人的にはすごく好きな味。
ウイスキーやブランデーにも負けない複雑な風味に、
コラボじゃなくその分安く手に入ったらいいレギュラー化を望みたくなる商品でした。



詰め放題のクッキー(賞味期限一週間)を処理しないといけないので、今日はこのあたりで。