読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

美ら海水族館といっしょに行きたい♡夕日の名所・備瀬と絶景パワースポット・ワルミに行ってきた(・∀・)

旅行 旅行-沖縄
スポンサーリンク

沖縄北部の人気観光地といえば美ら海水族館。
マンタやジンベイザメが悠々と泳ぐ、トロピカルなお魚いっぱいな展示が魅力的な水族館です。


こういうアホな写真も撮れたりしますw


ところで水族館から歩ける距離に、青い海と巨大な岩がステキなパワースポットと心が洗われるような夕日の名所があるのはご存じでしょうか?
今日は、インスタ映えするパワースポット・ワルミと夕日と並木道に癒される場所・備瀬への行き方。
探索後に立ち寄りたい海沿いのおしゃれカフェを紹介していきますね。




海と夕陽とフクギ並木。備瀬崎で過ごす昼下がり。


水族館の北側にある、オリオンモトブリゾートの横の坂を降りたらそこが夕日の名所・備瀬の入口。
深緑色した丸っこい葉っぱがかわいいフクギ並木が美しい集落です。

水族館行く前に立ち寄る場合は、路線バス『備瀬入口』かやんばるバス『オリオンホテル前』が最寄りのバス停となります。
もちろん駐車場もあるので、レンタカー派の方もご安心ください。

集落内はレンタカーでの侵入禁止。
夕日の綺麗な備瀬崎までは、風を切って走れるレンタサイクルか徒歩での移動となります。


レンタサイクル屋さん。
1回300円と手頃な料金がうれしいですね。



変なシーサーたちがいるので、歩いて回っても楽しいですよ。

備瀬崎はシュノーケルにも向いた遠浅の海。
静かな水面に陽が落ちていく光景は、ため息が出るほど美しいものでした。



巨岩と海の織りなす神秘の世界・ワルミ。


備瀬から1キロほど離れた場所にあるパワースポット・ワルミ。
ワルミとは『割れ目』を意味する言葉。
その名の通り、巨人が傷つけたかのように綺麗に割れた岩が印象的な、神が降り立ったとされる聖域です。

パックリと割れた岩と岩の間に広がる砂浜と、グラデーションが幾重にも重なる青い碧い海。
思わずため息が出てしまうような絶景のパワースポットなんです。

バス停から微妙に離れていますし、車一台通るのがやっとな道もあるので、バス派もレンタカー派も、備瀬でレンタサイクル借りて行くのがオススメですね。


ワルミへ向かう道。


ちょっと古めな記事やそれをコピペしただけのクソキュレーションメディアには『地図に載っていない』とか『道教えてもらっても迷う』と書かれていますが、2017年2月現在、普通にGoogle Mapsに載っています。
当然ナビも使えるので、方向音痴な方でもたどり着けるようになっていますよ。


ワルミへの入口。
看板が小さいので見落としにはご注意ください。


Google Maps。
細かい道が続くので、地図読める人もナビ付けておいた方が無難かな。


入口を降りてすぐ、広がっているジャングル。
のびのび育っている木々に圧倒されます。


そのまま足場の悪い階段を下ると、巨岩に挟まれた白い砂浜が見えてきます。
ここがワルミ。
空と海と巨大な岩に囲まれた不思議な空間です。



昼下がりに行くと逆光になるので、岩と海両方を綺麗に映すのが難しい場所。
神秘的な光景を美しく記録したい方は、お昼までに向かう事をおすすめします。

また満潮だと砂浜が海に沈んでしまうので、『せっかく行ったのに海と崖しか見れなかった』とならないよう、先に潮の時間調べてから向かうといいですよ。
気象庁 | 潮汐・海面水位のデータ 潮位表 沖縄(OKINAWA)


インスタ映えする盛り付け♡海沿いのカフェでいただくふんわりパンケーキ。


お散歩していたら喉がかわきますよね。
そんな時は海辺のカフェでまったり休憩してみてはいかがでしょうか?

備瀬崎から100mほど離れた場所にあるオーシャンビューのカフェ、ULTRABLUE。
南国らしいカラフルなドリンクとふかふかパンケーキに癒される、また立ち寄りたいお店でした。


お店の外観。


開店時刻は朝8時半から日没まで。
のんびりパンケーキ食べながら過ごす朝もよさそうですね。


お店の前面はガラス張りなので、海を眺めながら食べられます。


ハイビスカスとスパークリングワインを合わせた、南国ぽいドリンク。
シュワシュワと泡立つ赤いカクテルに添えられている白い蘭の花。
フォトジェニックとしか言いようがありません。


ハイビスカスのカクテル:税別880円。


パンケーキの系統は、スイーツ系とお魚系と肉系の3つ。
おやつタイムから遅めの昼食まで対応しています。

今回はお魚系のメニューから、エビと人参のパンケーキを注文しました。
地物の野菜がブーケのように盛られたパンケーキは、しっとりふんわりとした食感。
甘さ控えめな生地がサウザンドドレッシングの掛かったエビによく合いました。


エビのパンケーキ:税別1300円。



刻々と表情を変える海を眺めながら食事の楽しめるカフェ、ULTRABLUE。
優雅なひとときが過ごせる場所でした。


ULTRABLUEのHP。
※カクテルだけでなく、普通のコーヒーやビールも用意されています※
沖縄備瀬 海辺のヴィラ&レストラン ULTRA BLUE


夕日の名所・備瀬と絶景のパワースポット・ワルミ。
美ら海水族館行く時にでも、ぜひ立ち寄ってみてくださいね(・∀・)



では、今日はこのあたりで。