ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

ミラーレス使いさんにおすすめ!今年買ったカメラ用品4種。【Amazonで買えるよ】

スポンサーリンク

どうも、ポニョです。
新製品とかクリスマス・年末年始セールとか物欲が膨れ上がるこの時期。
初心者さんやこれからカメラをはじめたい方におすすめできる、カメラバッグやクリーニング用品を紹介していきますね。



お題その2「今年、買ってよかった物」
特別お題「2016年を買い物で振り返ろう」 sponsored by 三菱東京UFJ-VISAデビット


使い勝手のよい撮影小物4つ。


簡単に使えるクリーニング用品から、シャッターチャンスを逃さない速射用カメラホルダーまで。
使い勝手のいい4つの小物類を紹介しますね。

ハクバ・レンズペン。


ブラシとクリーニングチップがセットになった、ペン型のクリーニング用品・レンズペン。
ホコリを払いたい時からレンズに指紋が着いてしまった時まで、1本で対応できる便利なグッズです。

かさばらないので旅行に持っていくのもいい感じ。
毎日5・6回使っても半年ほど持つので、1枚づつ使い捨てするクリーニングペーパー買うよりずっとコスパ高いですよ。


べっとり指紋着いたレンズも。
黒いクリーニングチップで拭いてからブラシで払えばこんなにキレイ(・∀・)


レンズ用のレンズペン。
液晶画面用やファインダー用などあるので、購入の際はご注意ください。

B-grip EVO・カメラベルトホルダーとハンドストラップ。


ネックストラップは首に負担が掛かるから避けたい、でも何度もバックからカメラ取り出したくない方には本当おすすめなベルトホルダーとハンドストラップです。

自前のベルトにホルダーをセット、カメラが装着できるようになるタイプのものはPeakdesignなどを筆頭にちょこちょこ見かけます。
でもそれだと、ベルト穴ないスカートとかラフな短パンはムリですよね?
夏暑いときにスカートはけないなんてつらすぎますよ。

その分B-gripの場合は丈夫なナイロン製のベルトにホルダーをセット、カメラを付けるタイプのベルトホルダー。
カメラの重みでズボンの生地痛まないか、といった心配もいりません。


見ての通りホルダーはごつめ。
その分カメラの重みは分散されるので、腰に負担が掛かりません。
別売のトラベルパックを使えばリュックサックにも装着可能。
付けていても全く移動に支障ないですよ。


カメラ側のホルダーはネジ穴に入れてセットします。


いちいちB-gripを取らないと三脚使えなくなるのめんどい?
DIN規格の三脚・雲台ならそのままクイックシューにくっつけられるので心配ありません。
(自分はベルボンのQHD-43DNを使ってます)


三脚ごと新しく買うならこっちのがいいかな。


公式やマンフロット製の三脚アダプターを経由すれば、その他規格の雲台でもネジ穴外さずに撮影できますよ。

Manfrotto クイックシュー 長方形プレートアダプター 323

Manfrotto クイックシュー 長方形プレートアダプター 323


こういうグッズで大切なのは安全性。
ホルダー上部には赤いロックレバーがあるので、しっかり閉めていれば歩いていても走っていても身体から離れることはありません。
カメラをベルトに付けた・リュックにぶら下げた2形態で、原付にも乗ってみましたが、全く問題ありませんでした。



実はハンドストラップも優秀。
ゴム製のストラップは細かく6段階にサイズ変えられるので、手の大きい方にも小さい方にもフィットしますよ。


別々でも注文できるのですが、『バリューセット』がおすすめ。
単独で買い足すよりも1000円ほどお安くなります(・∀・)


リュックに着けたい方はこちらのセットをどうぞ。それぞれ単独で買うより2000円ほどお安くなります(・∀・)

Hoocap・レンズキャップ付きフード


レンズキャップって、付け外しめんどくさくないですか?
とくにポケットのないワンピース着ている時なんて、キャップ入れる場所探すのが地味に困ってしまいます。

そんなカメラ女子さんにおすすめしたいのがフィルターのネジ部分に付けるレンズフード付きキャップ・フーキャップ。
ボタンを押すとフタが上下に開くので、普通に撮影。
終わったら下のフタ→上のフタの順に閉めるだけです。

Amazonのレビュー見ていると『広角だとフードが写真に映り込む』とかありますが、きちんとボタンが正面になるようはめていれば、映り込みもありません。
(自分は72mmのフーキャップをM.ZUIKO12-100mmF4.0で使ってます。)


スイッチ。
ここが正面になっていれば、広角でもフードは映り込まないはず。


さっき紹介したB-grip EVOと合わせると、より効果抜群。
カバンからカメラ出したりキャップ取ったりする手間もなく、撮りたいと思ったらすぐに撮影に移れますよ。


電動式レンズキャップよりもずっと安いし、43mm〜77mmとサイズも豊富なのでだいたいのレンズにはめれます(・∀・)

ナショナルジオグラフィック・カメラリュック Walkaboutシリーズ。


カメラやレンズを入れる下部と、財布その他小物類が入る2層式のカメラリュック。
いかにもな『カメラバック』ではなく、街歩きでも使える見た目が気に入りました。

キャンパス地ですが撥水加工済み。
ちょっとした雨なら、バッグカバーなしでも十分耐えてくれる実力派です。
ふんわりした背もたれが身体にフィットするので、重い機材入っていても動きやすい。

EM1と広角と望遠レンズとMacBookAir、横ポケットにカーボン三脚入れた状態で一日歩いていても、肩とか腰とか痛くなったりしませんでした。


ポケットいっぱいなので、見た目以上にものが入ります(・∀・)




実際愛用している、撮影が便利になりそうなものを紹介してみました。
使い勝手いいものばかりなので参考にしてみてくださいね(・∀・)




では、今日はこのあたりで。