ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

気軽に獺祭・竹鶴・醸し人九平次が味わえる。お酒入りのチョコレート4種を食べ比べてみた(・∀・)

スポンサーリンク

どうも、ポニョです。
1月も半ばを過ぎ、バレンタインまで1ヶ月を切ってしまった今日このごろ。
高島屋の催事・アムールデュショコラで、手軽に買えるものからお高いものまでお酒入りのチョコを買ってきました。



激混み!チョコレートが溶けそうな熱気のアムールデュショコラ。


今日が初日だったから、平日のお昼というのに高島屋10階は人でごった返してました。
お昼の情報番組で話題にするのでしょうか?
テレビ局のカメラがあちこちに散らばり、顔撮られないようにするのもひと苦労です。


テレビ愛知のインタビューに答えるお姉さん。
CBCやメーテレなど他の局も同時間に取材してたから、通路狭すぎで歩きにかったなあ......。


いろいろメーカーが出店していますが、今回は獺祭とか醸し人九平次とかお酒入りのものばかり選んでみました。

安心の美味しさ。ルタオのロイヤルモンターニュ・竹鶴ピュアモルト。


北海道の有名お菓子店・ルタオの定番商品『ロイヤルモンターニュ』。
ピラミッド型のルックスと濃い紅茶の風味が特徴的なチョコレートです。

こちらは期間限定で作られる、竹鶴入りのロイヤルモンターニュ。
すっととろける口どけのよさはそのままに、カカオの渋みや香ばしさとウイスキーの香り高さが合わさった商品となっています。


ロイヤルモンターニュ・竹鶴ピュアモルト入り:税込864円。


アルコール度数は1%未満。
口に含むとかすかにウイスキーが感じられるくらいの強さですね。

美味しいのですが、酒入ってるぞーと思って食べると拍子抜けするかな。


酒の強さ:★(香り付け程度)
チョコの甘さ:★★(ほろにがミルク)

選べる楽しみ。パティスリーヤナギムラの焼酎ボンボン。


こちらは鹿児島のお菓子屋さんが作る、地物の焼酎を使った焼酎ボンボン。
1個づつからのバラ売りで、赤・青・黄・緑と30種類ほどのカラフルなチョコレートが揃っています。

よく飲む銘柄のチョコを買ってもよし。
ビジュアル重視、色とラベルで選んでもよし。
店員さんに、『芋焼酎入り』とか『飲みやすい銘柄のもの』とか言って適当に見繕ってもらったりするのもよし。
種類多いので、見ているだけで楽しいブースでしたね。


焼酎ボンボン:1粒税込216円。


天使の誘惑など、レア焼酎入りのチョコはバラ売りなし。
6個入りや9個入りの『プレミアムパック』で手に入れるしかありません。


『プレミアムパック』以外のチョコが入っている無料の箱。
3個か8個用の入れ物しかないので、微妙な数頼むと箱が2つになったりします。
プレゼント用に買う場合はご注意ください。


アルコール度数は8%。
ビターチョコの中に、シロップ状になった焼酎がたっぷり入っています。
中のお酒だけではなくチョコ自体も美味しいので、甘いものより酒が好きな方にはぴったりなチョコレートですよ(・∀・)

ウイスキーボンボンにありがちなジャリッと食感もないので、『酒入りのチョコってマズくない?』と思っている人にこそ食べてもらいたい商品です。


酒の強さ:★★★(ガツンとアルコールが来る)
チョコの甘さ:★(コクのあるビター。焼酎シロップも甘さ控えめ。)

キラキラが眩しい獺祭入りチョコ。パティスリーモンシェール・獺祭ボンボンショコラ〜磨きその先へ〜


こちらは銘酒・獺祭を使った日本酒入りのチョコレート。
しかも普通の獺祭ではなく、最高峰の『磨きその先へ』がガナッシュに含まれているんです。

そのお値段は、公式価格でも720mlで32400円。
よんごうびんでさんまんにせんよんひゃくえんするおさけがつかわれています!!!

銀粉をまぶした表面はキラキラして、上質の陶器のような外観をしています。
名前も見た目もすごいチョコ。
3個で1600円超えと、なかなかポンと買いづらい値段設定になっていますね。


獺祭ボンボンショコラ:税込1620円。


銀粉がまぶしてあるのできらきらしています。


アルコール度数は0.6%。
ガナッシュに混ぜ込んであるといわれても、正直いって......獺祭(ていうか日本酒)入ってるとか分かりません!

中身も包装もとっても上品なんですけど、あくまでもこれは話のタネに食べるもの。
味を求めて買うものではない気がしました(´・ω・`)


酒の強さ:★(風味分からない......)
チョコの甘さ:★(渋み強め。)

シルスマリア・九平次生チョコレート。


こちらは生チョコレート発祥の店シルスマリアが、海外でも評価の高い愛知の銘酒・醸し人九平次を使って作り出したホワイトチョコレートです。

醸し人九平次シリーズの、フラッグシップがこの「別誂」。
しかし、何をもってフラッグシップと名乗れるのか?

それは、一度口にすれば明確。細胞が感じとる圧倒的な密度とエネルギー。
フラッグシップを名乗るのに、十分すぎる理由です。
醸し人九平次 純米大吟醸 別誂(べつあつらえ)


『細胞が感じ取る』とか、なんかすごい売り文句が付いてる純米大吟醸を使った生チョコレート。
アルコール度数は1.4%だし、さっきの獺祭みたいなことなるんじゃないかな、と思いながらパッケージを取り出しました。


九平次生チョコレート・税込1944円。


封を切ってすぐ漂う、日本酒の香り。
お高い吟醸酒ならではのリンゴや洋ナシを感じさせるフルーティーさが感じられます。

ホワイトチョコレートのまったりとした甘さに寄りそう、九平次の酸味とほのかな渋み。
そこにヒノキ(?)の箱のさわやかな香気が入ることによって、不思議な魅力が放たれています。

1箱2000円弱する、今回買った中では最高額のチョコレート。
試食もないしどうしようかなと思ったけど、それだけの価値ある逸品でした。


とってもおいしかった生チョコレートなんですが、今買うとバレンタインまで賞味期限保ちません。
※1/20に買ったチョコの賞味期限は2/10でした※

当日渡したい方は、バレンタインぎりぎりまで待ってから購入しましょうね。


酒の強さ:★★(アルコール度数は低いが、風味が強く感じられる。)
チョコの甘さ:★★★(ホワイトチョコなのに九平次の酸味が合わさってさわやか!ふしぎ!)


高島屋で今日から始まったチョコレートの大展示会・アムールデュショコラ。
ただバレンタインまで賞味期限保たないからか、『ロイズの生チョコレート』など一部の商品はまだ発売されてませんでした。

また、催事場は平日でも混雑するので、先にデパートのHPで予習してから向かう方が無難ですよ。


名古屋高島屋のHP。
2017 アムール・デュ・ショコラ 〜ショコラ大好き!〜 | event | ジェイアール名古屋タカシマヤ


シルスマリアの九平次入りチョコのように、種類によってはオンラインショップで注文も可能。
クール便648円と送料はかかりますが、チョコも溶けそうなほどの熱気と行列に苦しむこともありません(・∀・)
待つの嫌いな方はこちらを使ってみてはいかがでしょう?


高島屋オンラインショップのHP。
タカシマヤで贈るバレンタイン2017 | チョコレートギフト通販 | 高島屋オンラインストア


では、今日はこのあたりで。