読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

贅沢!レアな日本酒・獺祭入りパンを食べてみたよ。

スポンサーリンク

食パンを買いに神戸屋へ行ったら、変な看板を見かけました。



獺祭、それはとってもレアな日本酒。
酒屋には何倍ものプレミアが付いた値段で並ぶ人気の高級酒です。

獺祭とそれを絞った大吟醸の酒粕が使われたパン......どんな味がするんでしょう?
税別1000という値段と、二人暮らしには厳しい大きさにひるみながら、試しに買ってみることにしました。


でかい!たかい!うまい!獺祭入りの高級カンパーニュ。


大玉のスイカよりも大きな大きなサイズのカンパーニュ。
小麦粉で書かれた『獺祭』の文字がまぶしいですね。

包丁で切るのをためらうような厚み。
カリッと焼けた皮が上手く切れなさそうなので、あえて手でちぎっていただきます。


獺祭入りカンパーニュ・税別1000円。


もっちりした、弾力のある歯ごたえが印象的なパンでした。
香ばしく麦の香りがする皮と、しっとりした内部のコントラストが素敵です。

そのままでもおいしいのですが、軽く温めてから口にすると更に甘みが強く感じられます。
獺祭そのものの風味は分かりませんが、一般的なカンパーニュとはちょっと毛色違うのは確か。

噛めば噛むほど深みがあふれる、むにむにした生地のパン。
お休みの日の朝食にゆっくりと味わいたい商品ですね。



せっかくなので、スモークサーモンとクリームチーズを買って贅沢なオープンサンドを作ってみました。

向こうが透けて見えるほど薄くスライスした新タマネギとスモークサーモンを乗せて、ガブリと頬ばる簡易的なサンドイッチ。
香ばしく焼かれたパンと、たっぷり脂の乗ったスモークサーモン、ほのかな辛みを持つシャキシャキの新タマネギが口の中で重なり、幸せなハーモニーを奏でてくれます。

そこにクリームチーズでうまみのレイアーを重ねると、もうたまりません。
『ブログ用に美しい盛り付けしよう』という気はまったく失せて、ひたすらパンをちぎりチーズとサーモンとタマネギを乗せて口に入れる行為を繰り返すのでした。


北野エースで買ったクリームチーズ。
乳製品独特の匂いや癖が全くないので、他の食材とケンカしません。
料理にコクだけを追加できる、うまみのレイアー的な存在でした(*´▽`*)


そのまま食べてもサンドイッチにしても美味しいカンパーニュ。
ちょっとお値段張りますが、それだけの価値があるパンですね。
お休みの日のブランチにしてみてはいかがでしょうか?


神戸屋のHP。
※限定店舗での発売です。詳しくはリンクからどうぞ。※
http://www.kobeyarestaurant.co.jp/new_products/event_1604dassai.html


では、今日はこのあたりで。