ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

しょせんこの世は欲と色。絵馬から他人の欲望をのぞいてみたよ。

スポンサーリンク

お正月といえば初詣。
金、安定、結婚......様々な思いを込められて書かれる絵馬たち。

その中には、自分や大切な人の幸せを願うあまり、端から見るとアレな表現になってしまっているものも存在します。
今日は、私が目撃した個性的なお願いごとの絵馬を、パターン別に紹介していきますね。

  • 欲望ダダ漏れな祈り。
  • 生きてるヒトが一番怖い。背筋がぞくっとする願い事。
  • それってどうなの?ツッコミしたくなる絵馬。

元気があっていいね(*゚▽゚)ノ

欲望ダダ漏れな祈り。


●童貞を捨てられますように●

もう6年前になるでしょうか?
京都の地主神社でお参りしていたら、ふと目に飛び込んできたインパクトある言葉。
住所、名前、電話番号、在学中の学校名までが、絵馬全体をフル活用する大きな字で記されていました。

地主神社といえば言わずと知れた縁結びの神社。
女子率90%以上の空間でよくそんなもの書けたなあと感心してしまいますね。
『童貞捨てたいだけで彼女はいらないのか!』という疑問は残りますが......。
そもそも本当にK大行っているのなら、学歴ちらつかせれば合コンやバイト先で他大の女の子捕まえられそうな気もするのですが。
世の中そんなに単純じゃないか?

他人の絵馬を読むのが好き、というあまり人に言えない趣味を持つきっかけになった絵馬ですね。



●相性が合うペニスと結婚したい●

ちんこ型のお神輿が乱舞する天下の奇祭・豊年祭が有名な田縣神社で発見した絵馬。

あのう。
イケメンとか、気が合う人とか、金持ってるとか、他に条件ないんですか?
アソコの相性さえよければ、キス下手くそで自己中なセックスする男でもいいの?
自分にはよくわからない価値観ですね〜。

その後何度か田縣神社は行ってるのですが、ここまですごい文面の絵馬は見かけませんでした。
......彼女はその後、結婚して素敵な夜の生活を送れているのでしょうか?
他人事ながらちょっと気になったのでした。


生きているヒトが一番怖い。背筋がぞくっとする願い事。


●△△さんに素敵な彼氏ができますように●

江ノ島神社に飾ってあった絵馬。
★★×◎◎LOVE♡という相合い傘の横に、小さく記された願いごと。

△△さんとは、★★の妻か本命彼女の名でしょうか?
好きな男を自分だけのものにしたい。
でも『奪った』という形にはしたくない。
自分が悪者にならなくてもいいよう、他に相手ができて邪魔者が『自発的に』彼の横からいなくなってほしい。
都合のいいドリーム炸裂な内容に、ひたすらふるえたのでした。


そこはかとなく漂う不倫の香り。

それってどうなの?ツッコミ入れたくなる絵馬。


●日本の受験生がみんな合格しますように●

日本最南端の寺・桃林寺で見つけた絵馬。
頑張った人が報われてほしいという気持ちは分かりますが、ちょーっと無茶なお願いではないですか?
クラスメート全員が受かってほしいとかなら(まだ)可能性ありますが、受験生みんなってねえ......。


ネタ絵馬探しに向いている寺社、そうでない寺社。


変わった絵馬を生で見てみたいと思った方のため、探すのに向いている場所とそうでない場所を書いておきますね。

●向いている寺社●

田縣神社や間々観音など、性を全面に出した神社だと風変わりな絵馬を発見できる確率が上がります。
子宝や安産祈願に混じって記される、イヤンでムフフな絵馬の数々......さすがはちんこ神社とおっぱい観音。

はるばる小牧まで来なくても日本全国よく似たコンセプトのお社ありますし、まずはそちらから攻めてみるのはいかがでしょうか。


神社のレポートはこちらから。(妖しい絵馬の写真あり)



●向いていない寺社●

逆に向いていないのは、『縁切り』を売りにしている神社やお寺さんです。
当たり前ですが、絵馬の内容はどれもハードな代物。
『◇◇と別れたい』というスタンダードなものに混じって、『死ね』『地獄に落ちろ』などの恨み炸裂な記述に心がどんよりすること請け合いです。

京都で行ったけど怖かったなー。
なんかお社の周りだけ空気の流れが違っていて、息苦しかったのを覚えています。


『秀吉と高台院のように仲良く』って......どういうつもりで言ってるんだろう?
何度浮気しても許してね(はーと)ということ?


当然ですが、いつも変わった絵馬があるわけではありません。
数年間絵馬を見てきている自分の体感でいうと、読んでて面白いのはエロ系神社で10%、普通の寺社仏閣で1%くらいでしょうか?

ブログやTwitterで紹介したくなるレベルとなると、さらに確立下がりますし。
あくまでもお参りのついでのお楽しみとして、楽しんでいただけるとよいと思います。



では、今日はこのあたりで。