ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

ステーキ!冷しゃぶ!幻の餃子!高級肉づくしの贅沢すぎるバイキング♡グルナジー2015に行ってきた。

スポンサーリンク

どうも、1泊2日の旅を終え現実へととんぼ返りしたポニョです。
お盆休みなど存在しないスケジュールの中、大阪へ行った理由はただ一つ。

史上最強の肉ビュッフェグルナジー2015へ行きたかった。ただそれだけです。

名店のシェフによるステーキ・焼肉・BBQとひと手間掛かった肉が食べ放題のこちらのイベント。
他にも和・洋・中・スイーツとホテルメイドな料理が楽しめるのですが、私がわざわざ向かったのは、『幻の餃子・曼餃苑』の存在。

曼餃苑とは。
マンボミュージシャンでグリーンランド国際サンタクロース協会公認サンタクロースであるパラダイス山元氏がオーナーの会員制の餃子専門店。
会員になるのも難しい、一日一組限定の為予約を取るのも更に難しいというまさに幻の餃子です。

これ、一回食べてみたかったんですよねー。


......ぶっちゃけ音楽系の知り合いに頼めば連れて行ってもらえそうなんですけどねえ。
そこまで仲いい訳じゃないし、あんまりこっちから貸しになるような事したくないんですよねえ。

という訳で、自力で食べに来ました(`・ω・´)



場所は大阪城近くのニューオータニ大阪。
お腹をすかせてから行こうと、写真撮りながらふらふら向かいます。
二階で受付をして、肉祭りの中へ。



宴会場にセットを組んである、オープンキッチンスタイル。
会場では生演奏もあったりして、とっても優雅な感じですね。



ランチで1万2000円、ディナータイムだと1万5000円という超高級ビュッフェ。
どんなものが出てるのか、期待が高まります♡



ぷりぷりのエビチリに辛さと旨みが重なり合う麻婆豆腐などなど。
どれもおいしいのですが、特によかったのが
サンドイッチ。
さすが『本当に旨い』サンドイッチと名乗っているだけありますね。
丁寧に作ってあるのがよく分かる一品でした。



ビール片手に軽くつまんだ後は、メインの肉ゾーンへ。

ステーキもバーベキューもその場で調理されているのがいいですよね。
ふわんと漂ってくる肉の焼ける匂いと、ジュージューという音が食欲をそそります。

肩肉のBBQおいしかったなあ。
どっしりしたお肉にスパイスが複雑に絡み合って、噛めば噛むほど味が出る一品。
ホテルならではのひと手間掛かった料理で、すごく満足感に浸れるお味でした。



そして、個人的なメインディッシュ・曼餃苑の餃子をいただきます。
お肉100%の餃子をからりと揚げて、スイートバジルの葉をどっさり絡めていただくこちらの餃子。

ジューシーなお肉と口の中で溢れる肉汁がたまりません。
バジルと下味のせいか、揚げ餃子だというのに意外とさっぱりした後味。
おいしいですねー。ひたすらおいしいですねー。
どこがいいとか説明しづらいのですが、本当においしかったです(*´▽`*)



ビール!餃子!ビール!と進んでしまうお箸、頼んでしまうジョッキ。
......やばいこれ、永久機関じゃないですか???
スイーツの為にお腹を空けておかないといけないのに、ついつい何度もおかわりをしに行ってしまいました。


そう、調理されてるご本人にこうつぶやかれてしまうくらい。


↓たぶん自分の事かと......。
ビールと相性良すぎるんですものσ(・∀・`*)


甘いものは別腹だし、それでもケーキ食べましたけどね(`・ω・´)
おすすめはメロンケーキ(定価1500円!)とココナッツアイスクリームかな。



16日までと期間限定なこちらのイベント。
結構なお値段しますけど、それだけの価値はあると思いました♡


グルナジー2015のHP。
http://newotani-osaka.bizart.co.jp/recommend/event/2015/summer/gournergy/index.html


では、今日はこのあたりで。

※注意※
夜ごはん食べてないのに、いまだに胃もたれしてますw
くれぐれも食べ過ぎには気をつけましょう(´・ω・`)