ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

あなたはグラコロ派?デミチーズ派?超グラコロを食べ比べしてきたよ。

スポンサーリンク

どうも、ポニョです。
お昼に食べた超グラコロが美味しかったので、思わず次の日もマクドナルドへ行ってしまいました。
プレーンなグラコロとデミチーズグラコロの食べ比べになったので、それぞれの感想を書いていきますね。


超グラコロと超デミチーズグラコロ・それぞれの特徴とカロリー。


23年目のリニューアルをして、頭に『超』と付いたグラコロとデミチーズグラコロ。

生クリーム入りのふんわり蒸し焼きされたパン。
外はさくっ!中はトロトロのクリームコロッケ。
キャベツと黄身の風味が強い濃厚なたまごソース。
ここまでの食材は超グラコロも超デミチーズグラコロも同じです。

『超グラコロ』のコロッケに掛かるのはスパイシーなウスターソース。
対して『超デミチーズグラコロ』には、チーズと牛肉入りのこってりデミソースでコクを出しています。

プレーンなグラコロは416カロリー。
デミチーズは491カロリーと、揚げ物がはさんである割にはそこまでカロリー高くない感じですね。

超グラコロ。


香ばしく揚がった衣と、口内でとろけるホワイトソース。
カリカリとトロトロ、異なる食感をチキンタツタにも似たふわんふわんのパンが受け止めてくれます。


超グラコロ・単品340円/セット640円。


パンもコロッケも全て小麦粉と乳製品からできているハンバーガー、グラコロ。
まったりしていてメリハリ付けにくい食材にアクセントを与えてくれる、スパイシーなウスターソースがいい仕事をしていますね。

こってりしているのにペロッと食べられる、『超』グラコロと名乗るだけあるメニューでした。

超デミチーズグラコロ。


ウスターソースではなく牛肉入りのデミソースとチーズがトッピングされた、超デミチーズグラコロ。
グラコロが美味しかったのでこちらも試そうと、2日連続でマックへ行った期待を裏切るような食べ物でした。

理由は単純。商品名と味が著しく違っていたからです。


超デミチーズグラコロ・単品370円/セット価格670円。


クリームコロッケに掛かるのは、デミっぽさのない酸味の効いたミートソース。
チーズとかマスタードとかたまごソースとかを押しのけて感じられるトマトの風味。
まったく『デミチーズ』という言葉からは想像できない味付けでした。

はじめから『トマトソース』グラコロと知っていて食べたら、普通においしいメニューなんですけどね。
どうせならちゃんとしたデミグラスソースにして、デミソース×チーズ×たまごソース×ホワイトソースで逃げ場のないこってり感を作り出して欲しかったです(´・ω・`)

ピザポテト好きさんには絶対おすすめ!シャカシャカポテト・トマトクリーム味。


今回もっともおすすめしたいのがこちら、シャカシャカポテト・トマトクリーム味です。
粉チーズとケチャップのようなフレーバーがつく魔法の粉。
これ掛けるとマックのポテトがピザポテトになっちゃうんです!

揚げたてのポテトに追加される、ジャンクな香りするピザポテト・パウダー。
チーズと甘めのトマト味がポテトのカリカリした食感によく合って、ウマイとしか言いようがありません。
味濃いし、ビール飲みたくなるメニューですね。


シャカシャカポテト・トマトクリーム味。
セット/ポテト単品に30円追加すると手に入ります。


ポテトに掛けた後。
けっこうパセリ多めなので、嫌いな方はお気をつけください。


フレーバーが均等になるまで振るよりも、濃い部分と薄い部分がバラバラになっている方がピザポテト感強くなりますね。


超グラコロもシャカシャカポテト・トマトクリーム味も、1月初旬までの期間限定メニュー。
どちらもとってもおいしいので、食べてみてはいかがでしょうか?
Welcome to McDonald's Holdings Japan


では、今日はこのあたりで。