読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

来年を先取り!猿だらけの神社へ行ってきた。

名古屋ネタ 名古屋ネタ-イベント
スポンサーリンク

2016年はさる年。
狛犬ではなく猿が本殿を守る神社があると聞いたので、ドライブがてらおまいりしてきました。

猿だらけの神社〜日吉神社〜


清洲城から800mmほど離れた立地。
住宅地の中にぽつりと佇んでいる小さな神社でした。

さる年になる前なので駐車場はガラガラ。
こじんまりとした境内を進んでいくと、第1のサルを発見。
柔らかい表情で屋根の上から参拝客を迎えてくれます。



本殿の横には2匹のサル。
通常狛犬がいる場所に陣取って、凛々しい顔で神社を守っています。




こちらは発祥771年・807年に社殿が設立された由緒正しい神社。
秀吉の母がここで祈願をしたことで『さる』こと豊臣秀吉を授かったなど、歴史的な逸話も紡がれた場所なんです。
ちなみに秀吉の幼名・日吉丸の『日吉』はここからとられたそう。



当然お守りも絵馬もさる。



猿しかいないのかと思いきや、目立たない場所に狛犬の姿を発見。
境内奥にはお稲荷さんの社もあるので、1つの神社に猿・犬・狐が同居してることになりますね。



猿田彦神社を筆頭に、さると関わり合いの深い神社は日本中に広がっています。
羊神社のように、おまいりするまで1時間待ちといった自体にはならないでしょうが.......駐車場も少ないですし、初詣の際は名鉄新清洲駅から歩く方が無難かと思われます。


日吉神社のHP。
http://www.hiyoshikami.jp/jinjasyokai/gosaisin.html


大掃除しないといけないので、今日はこのあたりで。