読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

カラフル過ぎる海に癒される。TG-3で撮る石垣島・2日目。

スポンサーリンク

6月9〜11日と行われた石垣島ダイビングフェスタと重なった、ダイビング2日目。
豪華賞品が手に入るフォトコン付きのイベントとあって、テンションアゲアゲの人達とご一緒となりました。

今までの傾向から考えると『カクレクマノミを撮ると入賞しやすい』という結論に。
そこで景品を狙う人々が行ったのは......ニモ、ことカクレクマノミ達の住処での大撮影会でした。
大きなイソギンチャクを取り囲み、逃げまどうクマノミちゃんを撮りまくります。

ニモとちび魚とギンポいっぱい。マクロが楽しい6月の石垣島。


1メートルほどの巨大イソギンチャクを囲む人々。


ここだけ人口密度高すぎですよねw


どちらに逃げてもヒト。。。つらい。。。


そこだけ人口密度高すぎな海。
『飽きた人はその辺で違う物撮ってて下さい』と説明されていたので、スズメダイの幼魚に狙いを変えました。




すべて内蔵ストロボと水中ライト(別に高級品ではない。1000ルーメンのもの)での撮影。
シャッタースピード上げにくいコンデジでも!クソ高い外部ストロボなしでも!なんとかいけるものですね(・∀・)


指の爪ほどしかない、ちいちゃな赤ちゃん魚がいっぱい。
青、赤、黄色とカラフルに染まった海中はまるでダンスパーティのように色付いていました。



2本目のダイブは石垣島の絶景スポットの1つ、御神崎の下で潜ることに。
海から眺めるのは初めてですが、これはこれで迫力あっていいですね。


上からの御神崎。


ダイブボートから見た御神崎。


外敵が少ないのか、さっきと比べるとお魚の動きがにぶめでしたね。
ちっちゃくて素早い幼魚が撮り放題でした(・∀・)


3本目のポイントは、ボートから見ても分かるほどの濁った海。
テンションダダ下がりの中潜ったら、そこは、ギンポやカエルウオがうじゃうじゃいるラブリーな空間が広がっていました。


ふくれた顔が可愛い。


きれいなツートンカラー。


2匹セット。


たそがれ中。


水が濁っていても、小さなお魚を撮ってる分には全く支障ありません。(フラッシュ焚くと悲惨な事になりますが......)
大好きなギンポやカエルウオに囲まれて、まったりとした時間を過ごせたのでした。


自分の愛用機種......の後継機。
外部ストロボなしでも、ワイドからマクロまで綺麗に撮れますよ(・∀・)


では、今日はこのあたりで。