読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

30分で向かえる絶景!石垣島・野底マーペーの魅力。

旅行 旅行-沖縄
スポンサーリンク

野底マーペー、それは宝石のような海と鬱蒼とした原生林に囲まれたパワースポット。
頂上には巨岩が立ち並び、素晴らしいパノラマが眺められる歴史ある場所。



360度遮るもののない絶景は、険しい道を何時間も歩かないとたどり着かないと思いますよね?
実はここ、たった30分坂道登るだけで到着できちゃうんです。
今日は野底マーペーからの光景と行き方、山を登る時の注意点を記していきます。

Google Mapsを活用しよう。野底マーペーへの行き方について。


まずはレンタカーを借りて、石垣空港から国道390号をまっすぐ北へ進みます。


タイヤの看板が目を引く伊野田オートキャンプ場を過ぎたら、500mほど先にある細い路地を左に曲がります。


サトウキビ畑の中を通って野底林道へ。
ジャングルそのものなもっさりした森を抜けると、そこは天然のドライブコース。
何色にもグラデーションを描く南国の海を眺めながら走れる穴場のスポットです。
のんびりできる展望台もあるので、お弁当持って行くのもいいかもしれません。

※390号から林道へ入る路地は本当に細くて、ここ通るの?畑へ突っ込んじゃわない?と思うこと間違いありません。
『野底林道入口』という看板も倒れて見えなかったりするので、目視よりもGoogle Mapsのナビを参考にした方がよいと思われます。※


展望台からの景色。
ここだけででも来る価値ありますよ(・∀・)


展望台を過ぎてしばらくすると、妙に広いカーブが現れます。
そこが野底マーペーの入口。
平日でも誰かしらが車を止めているので、登山道に気づかず通り過ぎる事はないと思われます。

※自信のない方はGoogle Mapsを参考にしてください。山の上ではありますが、きちんとGPS入りますよ。※

伝説と絶景の山・マーペーへ登ろう。


倒れた看板の横にある、ぽっかり空いた雑木のトンネルが登山道の始まり。
滑りやすそうな赤土の坂が絶景を求める人を待ち構えています。


何度も来ている地元民いわく『ずっと倒れぱなし』な入口の看板。


そう、ここは『野底マーペー登山道』。
30分ほどの移動とはいえ、ロープなしでは登りづらい傾斜がある山道なんです。

当然ビーサンやスカートは御法度。
大きく足上げないと通れない箇所もあるので、汚れてもいいスニーカー(できたらトレッキングシューズ)と伸縮性のある長ズボンで向かいましょう。


マーペーへの入口。


台風で倒れた木。


カラフルな蝶々が飛びトカゲが闊歩する山道。
細かい虫もいるので、虫除けスプレーもあった方が無難ですね。


登山道は一本道。
あちこちにロープが張られているので迷子になる心配はありません。
トンネル入ってから5分ほど横移動したら、後はただひたすら坂道を登っていくだけです。


滑りやすい場所にはロープが用意されているので安心ですね。


左にこれが見えたら、もう山登りも終わったようなもの。
最後の力を振り絞ってがんばりましょう(^_^)b

360°のパノラマ!解放感のある景色を堪能しよう。


山並みの中、角のようにぴょこんと飛び出している野底マーペー。
近くに高い山がないので、360度どこ向いても美しい海が眺められます。


海から見たマーペー。


インスタ映えするような構図でも撮り放題。
ロープやチェーンもないので、解放感抜群ですよ。
※当然落ちたら死にます。ご注意ください。※


唐揚げと岩。完全に一致。

黒島では道で島を二分し、一方を強制的に野底に移住させたと伝わる。移住者の中にマーペーという娘がおり、黒島に残された恋人を思って野底岳に登ったが、於茂登岳にさえぎられて島の姿さえも見えず、絶望して山頂の石と化したという伝説が残っている[2]。野底マーペー - Wikipedia


恋に破れた娘、マーペーが化した岩でしょうか?
山頂には大きな岩が転り、ワイルドな雰囲気を漂わせています。


thetaSで撮ったもの(クリックで開きます)。
360°の大パノラマですねえ(・∀・)

Spherical Image - RICOH THETA


風が吹いて涼しい山頂。
日射しは強めですが、とっても気持ちいい所です。

平久保崎や御神崎など他にも展望台はあるのですが、360°パノラマで景色が見れる場所はここ野底マーペーだけ。
靴や服装などちょっと準備は必要になりますが、その価値のある素敵な場所ですよ(・∀・)



では、今日はこのあたりで。