読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

絶景の八重山諸島を回ってきたので、ざっくり紹介してみる〜小浜島編〜

旅行 旅行-沖縄
スポンサーリンク

ちゅらさんのロケ地として知られる小浜島。
ゴルフ場や高級リゾートホテルと、開発しきってない素朴な光景が同居している小さな島です。

マンタとマングローブ林とヤバイヤギの島、小浜島。


石垣島から40分船に乗り、こじんまりとした港に到着。
『レンタカー1500円・ガソリン満タン返し不要』の文字に惹かれ、客引きのお姉さんと共にレンタカー屋へ。

......初乗り1時間が1500円?
それを超えると時間あたり追加1000円??
おまけにガソリン代と保険で1000円???

自転車乗るのはつらい、今にも泣き出しそうな暗い空。
レンタサイクルもそこそこ値段する事もあって、しぶしぶレンタカーを借りたのでした。



だまし討ちのように借りたレンタカーでしたが、結果的には大正解。
アップダウンの激しい道の連続に、心折れている人々がちらほらいらっしゃいました。



鏡のような水面に映るさかさマングローブ。
西表島を望むビーチ。
そして、空へ羽ばたこうとする大きな大きなマンタ。




荒削りで力のある絶景に心が洗われていきます。


奥に見えるのが西表島。泳いで渡れそう。

危険!ゴージャスなリゾートで起こった惨劇!


レンタサイクル組の苦痛に歪む顔を眺めながら進む、楽しいドライブ。
トイレを借りようと立ち寄った高級リゾート・はいむるぶしで衝撃の展開が待ち構えているとも知らず、人の不幸を笑っていました。

水牛が草を食みヤギが放し飼いにされている園内。
勢いよく子ヤギが近づいてきて......。



近づいてきて......。



どーん!!!



連れの股間にクリーンヒット。
あまりにも予想外の事態に、もう、笑うしかありません。

敵(?)を倒してご機嫌に跳ね回るヤギ、うめき声を上げる男、調子の狂った声で笑う女。
高級リゾートには全く似つかわしくない、奇妙な場所と化したのでした。
※決定的瞬間の写真は、手ブレしちゃったので撮れてません。ご了承ください。※
※本来は優雅なリゾートですよ。※


MAPと注意点。


かなりアップダウンが激しいので、レンタカーかレンタバイク、最低でも電動機付きの自転車借りないとつらい島です。
見えるのはひたすら赤土の畑とサトウキビ。
あんまり漕いでいて楽しい場所でもありませんし、おとなしく金と文明の力を借りた方がよいと思います。

あと、はいむるぶしへ行くときはお気をつけて。
サラダバー付きで1000円ちょいでホテルランチが楽しめるのですが、もしかしたら......ヤギの攻撃を受けるかもしれません。


※簡易地図です※


では、今日はこのあたりで。