ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

大迫力のしだれ梅と激安名古屋コーチン。農業センターで春を味わってきたよ。

スポンサーリンク

春はお散歩の季節。
きれいな青空が広がっていたので、カメラ片手に農業センターのしだれ梅まつりへ行ってきました。

10時前だというのに、止める場所を求める車で詰まってしまった道路。
既に駐車場は満車、これから出て行く車を待つとなると凄まじい時間が掛かるのが予想されますね。
名古屋の端っこだし車で行きたいのはすごくよく分かる立地ではありますが、これから向かう方は地下鉄とバスを乗り継ぐ事を強くおすすめします。


200メートル以上道路が詰まっていました......おそろしいおそろしい(´・ω・`)

滝のように流れる梅とメジロに癒される。


動きそうもない渋滞を横目で見ながら、農業センターへ到着しました。

木と木の感覚が狭い梅林。
ゆらりと垂れた枝と枝がくっつき、まるでカーテンのように白、赤、ピンクの花々が重なっています。




梅の蜜を吸おうと集まるメジロと、それを狙うカメラマン達。
見るからに高価そうな機材を持つ人々に混じり、自分もメジロ狩りに参加してきました。





可愛いですねえ(*´▽`*)


ひなたぼっこしながらメインの通路から離れた場所で待機、メジロさんが飛んで来るのを見計らってシャッターを切るようにすれば、多少腕がアレでもそこそこの画が撮れるのではないでしょうか?

ごつい三脚にバズーカみたいな望遠レンズ付けた人々と一緒の所で待っていても仕方ないですし、そもそもあふれ出てる殺気に気後れしてしまいます。
せっかくのお花見。
まったり気長にシャッターチャンス狙う方が、案外いい物が撮れると思いますよ。


メジロではない鳥さん。

花より団子?お得すぎる食堂と絶品ジェラート。


農業センターは農業知識の普及の場として開設されている、市営の公園。
牛や羊、名古屋コーチンなどの家畜が飼育され、そして牛乳や卵や肉となって販売されています。

園内ではコーチンの肉と卵を使った親子丼や、絞りたて牛乳から作ったジェラートがいただけます。


コーチン100%の親子丼が680円。


コーチンミンチ入りのコロッケは200円。
ちゃんと野菜が付いてくるのがうれしいですね。


センター内で育ったひよこちゃんが肉になり卵となる、究極の地産地消。


お肉も販売中です。
親鳥は500グラム700円、柔らかい若鶏は300グラムで800円ほど。(レシートなくしたので詳しい値段忘れました......)
一般的な相場は100グラム400円ほどなので、3割ほどお安いのではないでしょうか?


絞りたて牛乳を使ったジェラート・ダブルで380円。
クリーミーでありながら軽やかな味。
濃厚なコクとうまみが感じられるジェラートでした。


『農業センター』という名前からは考えられないような、きれいな風景と美味しい物が同時に楽しめるすてきな公園でした(*´▽`*)


農業センターのHP。
http://www.city.nagoya.jp/kurashi/category/19-8-4-2-2-0-0-0-0-0.html


では、今日はこのあたりで。