読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

老舗!路地裏!隠れ家!3軒の個性的な居酒屋達を紹介するよ。

スポンサーリンク

萌えと古着と電化製品の街、大須。
お参りして、買い物して、B級グルメ食べてと昼間しか楽しめない印象が強い所なのですが、意外と飲み屋も多かったりするんです。

超老舗・炭火でじっくり焼かれた絶品焼き鳥♡


●大須亭●

三菱東京UFJ銀行の横にある渋い店構えの居酒屋さん。
入店した人の視線を集めるのは、イカのダシが効いている八宝菜・昔懐かしい味のスパゲッティサラダ・トロントロンに煮込まれた角煮......カウンターの上に置かれた大皿料理達。



お店の名物は、一本一本炭火で丁寧に焼かれた焼き鳥。
ふんわりとしたつくねにトロリとした肝、どれも絶品でした。
上品な甘過ぎず辛すぎないタレ、炭の香ばしい香りと鳥本来の味を活かした串焼きですね。
地物の酒をちびちび飲みながらつまむと最高です。


何を食べてもハズレのなかったお店です。
平日だというのに常連さんでいっぱいなのが理解できる、老舗の力を感じた居酒屋さんでした。


安い!早い!うまい!昼から飲めるとんちゃん屋さん♡


●とん吉翁●

大須演芸場の近く、路地裏にある居酒屋さん。
昼2時から夜8時までやっているので、まだ日の高いうちから串焼き片手にビールが飲めてしまいます。


これ、2本で180円!


醤油の効いた甘くてこってりしたタレと、パリパリに焼かれたとんちゃんがビールと相性抜群です。


マグロ・280円。


ぶつ切りのマグロが、たこわさについてるようなわさびの茎(?)と絡めてあるおつまみ。
これまた意外とおいしい。

こちらのお店の特徴は、とにかく料理も酒もお安い。
串物は2本で180円からですし、その他メニューも200円から500円前後。
日本酒飲みとしては、熱燗でも冷酒でも甘口と辛口両方置いてあるのもポイント高いですね。

串焼き4本、ビール、日本酒2グラス、マグロ。
これで1500円はお得だなーと思ったのでした。


これは入るまで分からない!旨いビールとウイスキーが隠された唐揚げ屋さん♡


●Tamari●

巨大な招き猫が鎮座する、ふれあい広場近くの唐揚げ丼専門店。
『唐揚げ丼・サービス価格500円』と書かれた看板からは想像つかないのですが、実はここ夜は、ウイスキーが豊富な飲み屋になるんです。

小さな店内のあちこちに置かれたウイスキー。
オクトモアやラフロイグ・ボウモアetcピートきつめな男らしい酒達が、夜ごはん食べにきた人間を誘ってきます。



どれもどっしり、こってり、煙臭い奴らばかり。
唐揚げには合わないと思われたので、今回は無難にビールをチョイス。



甘辛なソースが掛かった唐揚げ丼。
力強いチェコ産ビールとよく合いますね。

さて、お腹も膨れたし、ウイスキーいこうかなーと立ち上がったのですが。
......お金が......ありません......。
普段クレジットカード払いしてるので、サイフに現金は入れていない私。
キャッシュオン・デリバリーでごはんとビール代払っているうちに、いつの間にかお金がなくなっていました☆(・ω<)



この前記事にしたお店もそうですが、今回載せたお店も現金払いの所ばかり。

支払いの際『お金足りない!』とならないよう、財布の中身を確認してから飲みに行きましょうね-。

では、今日はこのあたりで。