読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

なぜ私は買い物依存症から脱出し、シンプルライフをはじめられたのか。

スポンサーリンク

本一冊で変わるほど人生は甘くないもの。
家裁の人に感動したけど判事なってないし、宮台真司氏に憧れて都立大受けようとしたけど親の反対でぽしゃったし。
学者にもエリートにも、視線1つで男を魅了するような美女にもなれなかった私は、『人生を変えるような』本には出会えじまいでした。

しかし本は、考え方を変えるきっかけにはなるもの。
今日は軽い買い物依存症だった私が、それを克服できた理由を記していきたいと思います。
今週のお題「人生に影響を与えた1冊」

荒療治?買い物依存から脱出した私。


買い物依存症気味だった私。
『自分に似合うモノと欲しいモノは違う』そんな簡単な事すら分からず、服やバッグや本etc素敵だと思うものを買いまくっていました。
自分を大きく見せようとして、綺麗なモノと知識で飾り立てようとしていた日々。
その時買った本の一つが、『飛行機の乗り方』でした。



実に衝撃的な内容でした。
いきなりですが、東京から名古屋へ移動する際あなたなら何を使いますか?
新幹線?高速バス?18きっぷで鈍行の旅?
......そのくらいしか思いつきませんよね。

そんな普通のルートは登場しません。

  • わざわざ成田空港から飛行機。

※発行時期には羽田→中部便は就航してませんでした※

  • 羽田→那覇→中部
  • 羽田→フランクフルト(!)→中部

とエクストリームな移動の数々。

この本は、移動手段として飛行機を使うのではなく、飛行機に乗るためにどこかへ行く筆者による変わった搭乗記。
そこに記されている、常習的に飛行機へ乗っている者だけが受けられる優遇策=上級会員のステータスとそれに伴う手厚いサービス。

野暮用で飛行機へ乗る機会多くなるし、上級会員なっておきたいなと思っていた私にはドンピシャな内容でした。


羽田のANA・SUITELOUNGEにて。


那覇+離島便に乗るのが最も効率よいということで、まとまった休暇を全部突っ込んで何度も沖縄へ。
せっかく出かけるんだし、ダイビングやろうかなと学生時代取ったライセンスを探し出し。
原色のお魚さんと青く神秘的な光を記録しておきたくなったので、水中用にカメラを揃え。
夜は夜で、一人怪しげな酒場に出向く愉しさを覚えて。

いつの間にか、どうしても必要なモノしか買っていない風に変わっていた私。
家と会社とデパートという小さな世界へこもっていた生き物が、南の島で立場も考え方も全く異なる方々と話したり飲んだり呑まれたりしていたら、余分な力が抜けたのでしょうか?
モノで武装しなくても生きていける事に気がついたのでした。


ざっくりしたまとめ。

何か夢中になれるものを見付けると、買い物依存症なおるよ!
『はまったもの』の内容によっては今まで以上にお金かかるかもしれないし、結構リスク高い対処法だから気をつけてね!!
※飛行機・ダイビング・カメラ・飲み代など、1年で200マソ弱使いましたorz※


パラダイス山元の飛行機の乗り方

パラダイス山元の飛行機の乗り方


10月のダイブ旅行の予定立てないといけないので、今日はこのあたりで。