読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

弟の結婚式で死んできた〜素人がウエディングフォトに向かない3つの理由〜

写真 写真-撮影方法/レンズ/機材について。
スポンサーリンク

どうも、カメラ初心者のポニョです。
ミラーレスはじめて5ヶ月しかたっていないのに、ウエディングフォトを頼まれた私。
無事式も終わった事ですし、反省もかねて『素人が結婚式撮る際に困ること』をあげていこうと思います。


日曜カメラマンがハマる、3つの落とし穴。


今回困った事は主に3つ。

  • 被写体の動きが予測つかない。
  • ゲストとして求められる行動と、カメラマンとしてやるべき事の乖離。
  • メンタル削られる言葉と行動。

どれも結婚式という儀式ゆえに起こる障害です。
いい写真撮ろうとする素人カメラマンを襲う現象を、区分別に説明していきますね。
※被写体の性質上、『今回撮った写真』は載せることができません。ご了承下さい。※

予想外の動き〜先読みして被写体を写せ〜


一番の問題は、被写体の動きが読めない事。
挙式はともかく披露宴では、スピーチや余興などなどイベントがいっぱい。
次に何があるかは司会者が伝えてくれますが、どこから・どういうルートで彼らが動くかは教えてくれません。

例えば、お色直しが終わった時の一コマ。
『ドレス姿に着替えたお二人が、紅葉美しいテラスから登場します!』と言われましても-。
そもそもテラスってどこですかー。
4つ窓あるけど、どれから出てくるんですかー。

一時が万事こんな感じでした。
スタッフの目線見て、だいたいの動きは予測できますが......撮り逃しのないようにフル回転する頭。
『写真撮れなかったし、もう一回やって♡』
なんて言えませんし、瞬時に立ち位置決めないといけないので神経使いますよ。

『いいゲスト』と『カメラマン』の間〜二つの立場で引き裂かれる自分〜


カメラマン頼まれたとはいえゲストの一人。
酒を注がれたら笑って飲み干し、ピンヒールで足痛くなっても優雅にしてなければいけません。

私は、酒飲めない一族にポコンと生まれたザルな生き物。
相手方のご親族が瓶ビール持って挨拶に来てくださると、パパンやママンらが飲めない分、こちらにアルコールが注がれる訳ですよ。
ただでさえヒール履いててバランス取りづらいのに、撮影しにくくて仕方ないですね。

結婚式特有の雰囲気〜SUN値削られる場所〜


私も独身ですし、『ポニョさん結婚しないの?』『いい人紹介しようか?』という会話があることは覚悟していました。
ただ、結婚式という儀式を通じて改めて気付いてしまったこと〜リア充とコミュ障の違い〜を実感したダメージは、覚悟してたとはいえ計り知れないものでした。

『こんな風にスピーチしてくれる友人いないし』
『そもそも呼べるような友人/同僚なんていないし』
ユーモアが混じった心温まるスピーチを聞いて、ぱっくりと割れる私の感情。
決して主催者になれない晴れやかな式典に心えぐられながら、ひたすらシャッターを切るのでした。


それでも撮影しないといけないあなたへ。


ここまで素人がカメラマンやることの弊害を書いてきました。
ただそれでも撮らざるを得ない方のため、用意した方がいいレンズの種類について記しておきますね。
※初心者向きです※
※自分が、こじんまりとしたレストランウェディングで感じた事です。結婚式場での挙式ではまた違ってくる可能性があります※

●必要な機材●

被写体がよく動きますし、シャッタースピードが早く切れる明るいレンズでないと厳しいです。
また、食事をサーブする人が忙しく働く披露宴会場。
一脚立てて撮ってる余裕などないので、自然と手持ち撮影になります。
表情をアップで撮ったり背景含めて写したりしたいので、ズーム機能も欲しいところ。

個人的には軽くて、シャッタースピード速くて、適度にズームできるミラーレスがおすすめかな。

自分に腕がない初心者だからこそ、カメラとレンズの力を借りていく必要がありますね。
撮ったものはある程度加工できますが、そもそも写真に残していないとどうしようもできません。
カメラの設定はそこそこにして、後は撮って撮って撮りまくるしかないと感じました。


明るい標準ズームレンズ付きのミラーレス。


知り合いからレンタルしようか迷ったけど、やめといたレンズ。(その後むちゃくちゃ後悔したorz)

Panasonic マイクロフォーサーズ用 35-100mm F2.8 望遠ズーム G X VARIO POWER O.I.S. H-HS35100

Panasonic マイクロフォーサーズ用 35-100mm F2.8 望遠ズーム G X VARIO POWER O.I.S. H-HS35100


今回、重いけど頑張って使ったレンズ。
結局使ったのは40〜80mmくらいでした(´・ω・`)


Lightroomで画像処理しないといけないですし、今日はこのあたりで。