読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

やりたかった事が、やらざるをえない事に変わったあの日。

飲んだ勢いでいろいろと。 飲んだ勢いでいろいろと。-日々のつぶやき
スポンサーリンク

ミラーレスカメラを買って5ヶ月。
そろそろポートレートとか撮ってみたいと思っていた私に、1本の電話が入りました。

今週のお題「年内にやっておきたいこと」

いきなりの、依頼。


弟の結婚式まで一週間を切ったあの日、ママンから衝撃的な言葉が告げられました。
『あんた写真やってたよね?カメラマン頼んでないし、式の写真撮ってくれる?』

え???
思わず変なところから声が出てしまいます。
あのう。この前一緒に結婚式用の服買いに行きましたよね?
私が7cmヒールとタイトなワンピース買ったの見てましたよね?

『ポニョさんは結婚しないの?』という話題になるし、親族らと話さなくても済む口実ができたのはありがたいですが、まともに屈伸できない格好でカメラマンやれってひどくないですか???

『やりなさい』と強制されると、一気にやりたかった想いが消えてしまうのはどうしてなんでしょう。
ポートレートの写真あげてるTwitter見てた時は、『いつかは人を撮ってみたい』という気持ちになっていました。
でも、まさか、こういう風な形で実現してしまうとは。



一生で(おそらく)一回だけの特別な式。
私の頭に浮かぶのは、そういう時くらい予算ケチるなという暗い感情と、『ウエディングフォトは難しい』と主張するどこかのブログの記事。

ポートレートやった事ない人間による、はじめての撮影。
頼まれてしまったものは仕方ないし、できる限りの事をするしかないとカメラの手入れをするのでした。


買ったばっかの望遠レンズが火を吹くぜ!ヒャッハー!


イケメンゴリラで撮影の練習しないといけませんし、今日はこのあたりで。