ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

朝から鯛が食べ放題!城山観光ホテルの贅沢すぎる朝食バイキング。

スポンサーリンク

台湾旅行当日、セントレアに着く直前に連れがパスポート忘れた事に気づきました。
気付いた時にはもう手遅れ。
どうがんばっても取りに帰る時間などない非常事態、予定変えて向かった鹿児島が素敵だったので紹介していきますね。

絶景の桜島と優雅極まりない朝ごはん。


ジェットスターに飛び乗って向かった鹿児島。
地震の次は大雨と、災害続きだったからか当日でも宿の予約がしやすかったです。
桜島を眺めながら温泉に浸かれるのに惹かれ、城山観光ホテルを予約しました。


ホテルのテラスにて。


運悪く、7月末まで浴場のリニューアル中。
絶景の露天風呂は入れませんでしたが、眺めのいい部屋と心地よいサービスに癒されます。


でも......お風呂......入りたかったな(´・ω・`)


こちらは朝食バイキングの評判もあって、大手旅行サイトが軒並み4点以上の評価を付けているホテル。
わくわくしながら朝を迎えたのですが、想像以上の充実した内容に圧倒されました。

錦江湾で獲れた真鯛の刺身、板前さんがその場で揚げてくれる天ぷら、箸で簡単に切れるほど煮込んだ黒豚の角煮。
和・洋・中・郷土料理とメニューが揃いすぎていて、どこから手を付けていいか困ってしまいます。


揚げたての天ぷら。


詰め物がされたローストチキン。


自家製さつま揚げと、プルプルに煮込まれた黒豚の角煮。


スープカップで提供されるとんこつラーメン。


和洋中が揃ったメニュー。
自分はお腹いっぱいになったので食べられませんでしたが、ケーキやフルーツも揃っていました。


美味しいもの揃いの中でも、ひときわ目を惹くのが真鯛の刺身。

そのまま刺身醤油で食べてもよし。
ほかほかごはんに切り身を載せて、出し汁を掛けて鯛茶漬けにするのも素敵です。


二日酔いでも食べられるほど優しく、それでいて芯の通った旨味があふれる贅沢なお茶漬け。
昆布の風味が上品に香るダシと地物の鯛を好きなだけ食べられる朝食って他にありますか?

美味なる料理を前に、しこたま焼酎飲んで疲れてるはずの胃袋が目を覚まします。


熱を帯びて白くなった身も魅力的。


そして、運転しない人にはぜひ飲んで欲しいのが城山ブリュワリーの地ビール。
柑橘系の香りが強い、軽めのビールは鯛との相性も抜群。

夜より青空が似合う、そんなヒューガルデンに似たタイプのビールでした。


城山ブリュワリーのビール:600円。


雄大な桜島を前にいただける、ホテルメイドの美味しい料理達。
これを食べにまた泊まりたい、そう思う宿でした。


城山観光ホテルのHP。
シャトルバス乗る必要あるのでおすすめはしませんが、外部客も朝食食べられますよ。
http://www.shiroyama-g.co.jp/sp/index


また、こちらはふっこう割の対象施設。
8月1日からるるぶトラベルとYahoo!トラベル、2日からじゃらんで第2弾の宿泊クーポン配りますので、そこから予約すればお得に泊まる事もできますよ(*'▽'*)


ふっこう割の公式HP。


では、今日はこのあたりで。