ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

肉欲に溺れた休日。シェイクシャックとシェイクツリーのはしごをしてきたよ。

スポンサーリンク

『シリアルキラー展へ行く』という以外プランなしで向かった東京。
会場が開くまで時間あったので、世界一のハンバーガーショップと名高いシェイクシャックへ行ってみました。


凄かったです......。
念というかオーラというか、絵から放たれるパワーに圧倒された展覧会でした。

行列必至!イチョウの木の下でいただく世界一のハンバーガー。


青山一丁目駅から徒歩10分。
イチョウ並木の下にシェイクシャックはありました。


開店ジャストに着いた私の目の前に広がる、長い長い行列。
平日の11時だというのに皆さん随分ヒマですね。
イギリスのEU離脱で殺気立つTwitterを眺めながら、ひたすら自分の番が来るのを待ち続けます。



イチョウのある店内。


30分ほど待って、ようやくオーダー完了。
それから5分強で料理ができたので、トータル40分近く待ったことになります。

見るからにずっしりした重量感のあるハンバーガー。
肉欲をそそられますね。



肉汁とチーズがあふれてくるジューシー極まるハンバーガー。
香ばしく焼けた肉と濃厚にとろけるチーズ、フレッシュなレタスとトマト。
コクと旨みとほのかな酸味が合わさって、ビールが進んで進んで仕方ありません。

写真の色味調整して、記事書いているだけでよだれが出てきますね......。



ハンバーガーだけではなく、オリジナルで出しているビールがこれまた素晴らしいものでした。
香り高く深い味わいのエールはお肉との相性抜群。
クリーミーな飲み心地で余韻が長く続く、お休みの日にまったり飲みたいビールですね。

さすがは『世界一』と言われるバーガーショップ。
メインだけでなくドリンクのこだわりが感じられました(・∀・)


チーズバーガー(パティダブル):980円。
スモールフレンチフライ:280円。
シャックマイスターエール:830円。
......正直いってポテトは微妙。
ごくごく普通のフライドポテトでしたね。


開店から12時半ごろまで全く列が減る気配がなかったシェイクシャック。
平日でも3・40分待つ覚悟がいりますが、そこまでする価値はあると思いますよ。


シェイクシャックのHP。

肉!そして肉!パンの代わりに肉!掟破りのハンバーガー。


両国と錦糸町駅の中間にあるカフェ、シェイクツリー。
パンのかわりに肉と肉とで具材を挟み込んだ、SNSウケするビジュアルのハンバーガー(?)が有名なお店です。



11時の開店直後だったこともあり、並ばずに入店。
パンなしのハンバーガー『ワイルドアウト』と本日のビールを頼み、わくわくしながら料理が来るのを待ち構えます。


ニューヨークのなんたらエール。(すいません、忘れました......):1000円。


ジュワジュワと肉の焼ける音をBGMにして呑む、ホップ強めで苦味の強いビール。
非常に食欲を刺激する組み合わせですね。

オープンキッチンの店内で、焼かれていくパティを眺めながらゆっくりとアルコールを味わいます。


ワイルドアウト:1450円。


1本丸ごとのピクルスと小さなフライヤーに入ったポテトの横に置かれた名物料理は、意外なほどこじんまりとした見た目。

インスタ映えしなさそうな外観にちょっとがっくりきながら、『肉と肉とチーズとトマト』で構成されたハンバーガーをほおばります。

ミディアムに焼けた超粗挽きのパティは噛み応え抜群。
ずっしりした食感で、肉肉しいことこの上ありません。

ハンバーグというより肉そのものなんですけど、ステーキや焼き肉にはないジューシーさを味わえる不思議なパティ。
シェイクシャックとはまた違った美味しさのあるハンバーガーですね。



包装紙の中は肉汁とトマトでだらだら垂れてしまいそう。
水分吸ってくれるパンがないので、今にも旨みのある汁がこぼれちゃいそうです。
お行儀悪いとは分かってたのですが、ジュルジュル音立てて啜らないとどうしようもない状態に。

かなり汁が出るので、汚れてもいい恰好で行くことをお勧めします。
相手のタイプにもよりますが、デートでは頼まない方が無難ですね。

超粗挽きパティとフレッシュトマトが織りなす新感覚の料理。
見た目よりも味に驚く、そんなハンバーガーでした。


シェイクツリーのHP。
11時半には行列できてましたが、予約可能なので待つの嫌いな人でも行きやすいですよ。
http://www.shaketree2011.com/index.html


スカイツリー近くで見かけたヘンなモノ。


では、今日はこのあたりで。