ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

絶景からネタ画像まで撮れる!霧島アートの森へ行ってきたよ。

スポンサーリンク

霧島連山の中腹にある一風変わった美術館、霧島アートの森。
澄み切った空の下に置かれた作品はすべて撮影可能。触ったり座ったり内部に同化したりできる体験型の展示も多いというのに惹かれ、ドライブがてら向かってみました。


自然と文化の融合。太陽の下で現代アートの世界に触れる。


アップダウン激しい山道を揺られてアートの森へ。
大人310円の入場料を払い、広い展示スペースへと足を運びます。


エントランス前。


美術館も併設しています。


真っ青な空とすくすく育った緑の芝生。
そして、

よく分からない

生命の美しさや素晴らしさをたたえるような巨大なオブジェたち。
すべてが非現実的で、日本ではないどこか別の時空に迷い込んでしまった気がします。





展示品はすべて撮影可能。
中には触ったり中に入ったりする事自体が『作品』に組み込まれているものも存在しています。


崖の上に作られた展望台。


入り口から見た光景。


地面に置かれた大きな大きな額縁、『あなたこそアート』。
ポーズ決めて写真撮ったり、ヘリに腰掛けて微笑んだり、いろいろ遊べる展示品ですね。


いくらでも可愛く、かっこよくできそうな素材を前に私がついやってしまったのは貞子ごっこ。
頭を振り回しあえてボサボサにした髪を下ろして、テレビ......ではなく肖像画から抜け出そうとする女を演じてみました。


森の中に点在している作品を見て回る、ウォーキングにも最適な美術館。
見渡すばかりの茶畑やチェーンソーアートの並ぶ道と移動中も楽しかったですし、霧島へ行く際はぜひ立ち寄ってみるといいですよ。


ドライブ中見つけたカカシ。
夜見なくてよかった......怖すぎて漏らしちゃうよ。


霧島アートの森のHP。
http://open-air-museum.org/


では、今日はこのあたりで。