読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

いくらカケ・ホーダイだけじゃない♡ラビスタ函館ベイの3つの魅力。

旅行 旅行-北海道・東北
スポンサーリンク

日本一の朝食として名高いホテル、ラビスタ函館ベイ。
新鮮な海の幸といくら掛け放題が楽しめるバイキングが自慢のホテルです。

宿泊者限定でいただける朝食も素晴らしかったのですが、それ以外にもメリットいろいろ。
今日は、朝食だけではないラビスタの魅力を述べていこうと思います。


いくらだけじゃない♡ラビスタ函館ベイをオススメする3つの魅力。

  • 夜景を見ながら入れる!かけ流し温泉。
  • ロマンチックな立地と、ゆっくり過ごせるちょっとしたサービス。
  • いくら掛け放題♡日本一の朝食。

夜景を一人占め♡贅沢すぎるかけ流し露天風呂。


実はラビスタ函館ベイ、屋上に立派な大浴場がついているホテルなんです。
ライトアップされた港を見ながら入る露天風呂は贅沢そのもの。
身体の芯まで温まるかけ流しのナトリウム泉に浸かれば、移動の疲れなんて一瞬で吹き飛んでしまいます。


※写真はイメージです※


ただ、こちらはかなり塩気の強い温泉。
キスしたらしょっぱいwという悲劇を避ける為、ムーディーな夜を過ごされる方はシャワー浴びてから部屋に戻られる事をおすすめします。

ロマンチックな立地と、ゆっくり過ごせるちょっとしたサービス。


ここは目の前には港、横を見れば函館山というとっても眺めのいいホテル。
景色を遮るような建物もないため、低い階に泊まっても素敵な眺望を楽しめます。




せっかくの旅行。
ゆっくり過ごしたい人間にとって嬉しいのが、大浴場や朝食が遅くまでやっていることです。

チェックアウトが11時でも、朝食は7時から8時。
お風呂も9時までという宿ってありますよね?
朝早くごはん食べて(しかもその間に布団も処理されて)、どうやってまったりしろというのですか?
『安らぎ』とか売り文句にしてる宿でそれやられると、本気でイヤーな気分になります。

その点こちらは、朝食10時半まで。
お風呂も10時まで入れるのがいい感じです。
まったり過ごすのもよし、逆に、朝焼けの函館山に登ってから温泉に浸かってリラックスするのもよし。
いろんな楽しみ方ができるホテルだと思いますよ(*´▽`*)

いくらカケ・ホーダイが素敵♡日本一の朝食。


新鮮な海の幸が好きなだけ食べられる、魅惑の朝食バイキング。


海鮮いっぱい!



生ハム!カニ汁!



いくらカケ・ホーダイ!!!


ピカピカ、きらきらとした荘厳な眺めですね。
ボールいっぱいに入ったイクラちゃんを見ていると、心が洗われていくのが分かります。

コスパだけで見たら朝市の500円イクラ丼食べた方が良いのでしょうが、『好きなだけ』いくらをすくえる魅力にはかないません。

札幌でもいくら食べ放題できるホテルはあるんですけどね。
こんなにこんもりとは盛られてなかった気がします。


函館にもドーミーインはあるのですが、バイキングをやっていないのでご注意下さい。

また、『日本一の朝食』を味わえるのはラビスタ函館ベイの宿泊者だけ。
予約サイト見ていると直近日でも空室出ていたりする場合もあるので、『満室だし無理(´・ω・`)』と諦めずに、楽天・じゃらん・JTB・公式サイトなどをこまめにチェック。
キャンセル待ち狙う姿勢が必要だと思います。

実際自分も3日前に空室見つけたので、急遽宿泊先変更したりしました。



おいしい朝食と素敵な温泉、そして(意外なほど)普通な値段設定。
キャンセル待ち狙ってでも泊まってみる価値のあるホテルだと思いました。

では、今日はこのあたりで。
【公式】ラビスタ函館ベイ / 函館 ホテル 温泉 - ホテスパ