ポニョの酩酊生活。

飲んだくれのアラサー♀が綴る半径5センチの日常。酒/旅行/写真/ダイビング/名古屋ネタetc。

宮古ブルーを堪能できる♡青の洞窟ツアーに行ってきたよ。

スポンサーリンク

サンゴ礁が隆起してできた宮古諸島。
宝石のような海に囲まれたリゾートアイランドで、シュノーケルとカヤックがまとめて楽しめる、青の洞窟ツアーに参加してきました。


ダイビングのライセンスなくても『宮古ブルー』が満喫できる!青の洞窟ツアー。


今回向かったのは、宮古島の西側に位置する伊良部島。
『通り池』『魔王の宮殿』『アントニオガウディ』など有名ダイビングスポットが集まる、美しい海に囲まれた島です。


ただダイビングするには、ライセンス取ったりetc下準備が必要。
『せっかく宮古島きたし潜ってみようか』というわけにはいきません。
※注:通り池etcは中級者以上向けスポットです。体験ダイビングでは行けないのでご注意ください※


こちらは資格とかいらない、シュノーケルとカヤックのツアー。
お手軽に青く光る『宮古ブルー』を堪能できる内容となっています。


ツアーの予約方法と行き方、必要な持ち物について。


まずは公式ホームページを見て、行きたいツアーを選んだら電話で予約。
もしくはレジャーの予約サイト:asoviewからネット予約します。


ツアー主催者:イラブルーツアーズのHP。
イラブルーツアーズ


asoviewのHP。
グラスボート/イラブルーツアーズ|アソビュー


市街地から集合場所の佐良浜港までは、レンタカーで約20分。
無料で渡れる橋では日本一長い、伊良部大橋を渡ったら右手に進み、小さな船の並ぶ漁港へと向かいます。



『イラブルーツアー』と書かれた看板横に車を止めたら、冒険のはじまり。
ウェットスーツとライフジャケットを着て船へと乗り込みます。


ここのツアーはすべてコミコミ料金。
ウェットやシュノーケル用品などは無料で借りれるので、水着とタオルだけ持っていけばOKです。
スタッフによる写真撮影サービスもあるので、水中カメラ用意しなくても旅の思い出が残せますよ(・∀・)


船の様子。
ポイントまでは屋根付きのグラスボートで移動するため、日焼けの心配もありません。

サファイア、エメラルド、アクアマリン......宝石のような海に癒される@カヤック。


ツアーの流れですが、まずはカヤックで洞窟探検。
水中での息継ぎの仕方を練習してからサンゴ礁の上をシュノーケル。
最後に青の洞窟へ向かっていきます。


カヤックに乗って出発。
乗る時はスタッフの方がしっかりガードしてくれるので、落ちたりすることもありません。


天候はあいにくのくもり。
それでも、うっとりするような色合いの海が広がっていました。



石灰岩でできた絶壁の横を漕いで、洞窟へ。
淡い緑色から水色まで、光の加減でくるくる色が変わっていくのが面白かったですね。



ど派手なサンゴに圧倒される@シュノーケル。


いったん船へ戻って、シュノーケルのポイント『グレート・イラブ・リーフ』に移動します。
ここはトロピカルなお魚が、ハデハデな黄色いエダサンゴの周りを遊ぶ素敵なポイント。
台風が来なくてサンゴが白化してしまった後でしたが、綺麗な海が広がっていました。



トロピカルなお魚(スズメウオ?)とエダサンゴ。


ニモもいたよ。


すごい色のヒトデ。


誰が映っているか分からない集合写真。

ロイヤルブルーの世界@青の洞窟。


人1人入るのがやっとな穴をくぐって、青の洞窟へ向かいました。



見た感じは普通の洞窟ですが、水中にもぐると世界が一変。
深い深い紺碧の光景が広がっています。




光の屈折で作られた、天然の芸術。
ロイヤルブルーの海にうっとりしてしまいますね。



ダイビングライセンスなどなくてもお手軽に、宮古島の海を堪能できる青の洞窟ツアー。
半日で終わりますし、観光のついでに寄ってみてはいかがでしょうか?



では、今日はこのあたりで。